5日後に迫ったEL決勝戦マルセイユ×アトレティコ【展望、見どころは?】

マルセイユvsアトレティコ
0 – 3
マルセイユ対アトレティコ
5/16 – 27:45・ スカパー!
【EL決勝マルセイユ対アトレティコ結果】

心理面ではマルセイユに分があるも…

ジエゴ・コスタ グリーズマン16日、フランス・リヨンでオリンピック・マルセイユアトレティコ・マドリードによるヨーロッパリーグ決勝戦が行われる。

25年ぶりの優勝を目指すマルセイユと、6年ぶりの優勝を目指すアトレティコによる注目の一戦。

準決勝ではマルセイユがオーストリア王者のレッドブル・ザルツブルクを、アトレティコは優勝候補筆頭だったアーセナルをそれぞれ破ってファイナル進出。

やはり順当にいけば近年の欧州カップ戦で勝負強さを見せるシメオネ・アトレティコが優勢に試合を進め、マルセイユが守備固めから速攻カウンターでシンプルに攻め込むといった構図になるか。

シメオネ
シメオネ
(画像出典:ロイター【Reuters】)

守備の要である日本代表DF酒井宏樹とロランド・フォンセカが負傷から復帰したことに加え、リヨンでの開催ということでほとんどホームアドバンテージを得るといっても過言ではないマルセイユだが、それでもマルセイユがアウトサイダーであることに違いないだろう。

酒井宏樹
酒井宏樹

さらに言えば、準決勝アーセナル戦ファーストレグで退席処分を受けたアトレティコが指揮官のシメオネは、この決勝の舞台でもベンチに座ることが許されない。

圧倒的「個の力」で試合を決めてしまう場合も…

しかしだ…彼らにはジエゴ・コスタスペイン代表)とアントワーヌ・グリーズマンフランス代表)というあまりにも強烈なタレントがいる。

アトレティコ・マドリー

トップで如何なる難しい体勢でもボールを収めることができ、時にはディフェンスを剥がす前に反転して自ら強烈なシュートを見舞うこともできるジエゴ・コスタ。

そして、バイタルエリアでボールを受けると正確無比かつ決定的なラストパスを供給するグリーズマン。またファーストトラップから攻撃へと転じるスピードはもはや世界最高峰と言って差し支えない。

さて、マルセイユのディフェンス陣が彼等スターを抑えることができるだろうか…。
最終ラインのアディル・ラミ、ロランド・フォンセカ、酒井宏樹等、さらにはボランチに入ることが濃厚なルイス・グスタヴォの5人で徹底して強固な壁を作り、限りのあるチャンスをなんとかレ・ブルー・コンビのディミトリ・パイェ、フロリアン・トヴァン↓で仕留めたい。

フロリアン・トヴァン

果たして欧州の栄冠を手にするのはどちらの精鋭たちか…。
ヨーロッパリーグ決勝戦オリンピック・マルセイユとアトレティコ・マドリーは、16日日本時間27時45分キックオフだ

マルセイユ対アトレティコ・マドリード【EL決勝予測とオッズ】

決勝にベット


パルク・オリンピック・リヨン
パルク・オリンピック・リヨン


レアル・マドリード対リバプール【CL予測とオッズ】
チャンピオンズリーグCL決勝前にC.ロナウドが抱負語る「俺たちは3連覇できる
レアルマドリードチャンピオンズリーグ決勝リバプール
決勝 ・ 5/26 ・ 27:45
レアル対リバプール

他の記事を読む

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑