6年ぶり再現の長友VS内田の試合結果 日本人対決の実現は…?

・長友VS内田の試合結果
21日、プレシーズンマッチの「ドラゴン・シティ・カップ」が中国で行われ、日本代表長友佑都が所属するインテルと、元日本代表内田篤人が所属するシャルケが対戦した。

中国とシンガポールのアジア2カ国でツアーに参加するインテルは、この日が初戦となった。一方シャルケは、2日前にトルコのベジュクタシュと対戦し、3-2で勝利している。
かつては欧州チャンピオンズリーグのベスト4を争ったこの2人の日本人対決に注目が集まったこの試合、長友は左サイドバックで先発出場し、内田はベンチスタートとなった。

前半は両チーム見せ場を作ることができず0-0で折り返す。ゲームが動いたのは後半59分。シャルケのバーナード・テクペティが左から中へ切り込み、相手ディフェンスを引きつけながら横パス。これをエリア内右で受けたダニエル・カリジュリが長友をかわしてシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、シャルケが先制ゴールを挙げた。

先取点を奪われたインテルだが、71分に追いつく。ジョアン・マリオからのラストパスを受けたジェイソン・ムリージョがペナルティエリア手前から左足で豪快にシュート。これがゴール左上隅に決まり、1-1。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

さらにインテルは、後半アディショナルタイムに素早いリスタートからアンドレア・ピナモンティがペナルティエリア内に侵入し、相手キーパーをかわしてシュートを放つ。この決定機は、死にもの狂いで戻ったナウドのブロックによって阻止された。

結果、1-1のままタイムアップ。内田は最後まで出番が無かったものの、長友はインテルのプレイヤーの中でただ一人フル出場を果たした。日本人としては、2011年以来のチャンピオンズリーグ準々決勝以来となる2人の対決を期待しただろう。しかし、今回その対決が実現することは無かった。

今日の試合では内田に出番が訪れなかったが、これまでのテストマッチ2試合には出場し、2ゴールを挙げるなど及第点以上の活躍を見せているため、開幕スタメンに向けて悪くないスタートを切ったと言っていいだろう。今日フル出場をした長友は、かねてから放出要因として名前が挙がっているだけに、なんとかこれから続くプレシーズンマッチでアピールしてほしいところだ。

シャルケは25日からオーストリアへ移り、26日のアゼルバイジャンのネフチ・バクーとのテストマッチに備える。一方インテルは、このまま中国に滞在しインターナショナル・チャンピオンズカップの中国ラウンドに参戦する。24日、リヨンとの初戦に挑む。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑