9度目のチェルシー戦を迎えるメッシ 悲願の初ゴールなるか…

メッシにも苦手なチームがある?

メッシ バルセロナ世界最高のストライカー、バルセロナ所属のアルゼンチン代表リオネル・メッシ。これまで幾多のチームを相手に得点を量産してきた最強のゴールハンターだが、実はそんな絶対的存在の彼にも苦手とするチームがあるんだとか…。
今日のスペインメディア「アス」の報道が話題となっている。

バルセロナは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグで敵地でチェルシーと対戦する。さて、そんなバルセロナのエースストライカーであるリオネル・メッシだが、これまでチャンピオンズリーグで「37」ものクラブチームと対戦している。

チェルシー対バルセロナ
【CL予測とオッズ】
チェルシー対バルセロナ_2

そして、その内わずか7チームにはこれまで1度も得点を決めたことが無いというデータがあるそうだ。

気になるのはその7チームの内訳だが、同じくリーガ・エスパニョーラのアスレチック・ビルバオ、ポルトガルのベンフィカ、プレミアリーグのリバプール、セリエAのインテル・ミラノにウディネーゼ、ロシアのルビン・カザン、そして今回相まみえるチェルシーとなっている。

9度目の正直なるか…?

そう、メッシはこれまでチェルシーとの対戦で1度もゴールを決めることができていないのだ。
2005-06シーズンの決勝トーナメント1回戦、その翌年の2006-07シーズンのグループステージ、その二年後の2008-09シーズンのセミファイナル、さらには2011-12シーズンのセミファイナルと、リオネル・メッシとチェルシーは実にこれまで8度も顔を合わせている。なのに、未だゴールを奪えていないというのだ。

更に具体的な数値を出すと、通算655分間ピッチに立ち、29本ものシュートを放っている。一人で、それもメッシがこれだけシュートを放っているのに1点も決まっていないというのだ。

ちなみに、最もゴールに迫ったのはホームスタジアムのカンプ・ノウで行われた2011-12シーズンの準決勝セカンドレグだ。まだ記憶に新しいかもしれないが、彼はこの試合でペナルティキックを失敗している。このミスが響いて、バルセロナは決勝進出を逃した。

さて、そんなリオネル・メッシは2012年に味わった屈辱を晴らすことができるだろうか…。そして、チェルシー戦での初ゴールは見られるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑