AFC最新クラブランキングで日本が単独首位に 今季のACL成績が反映か

今季ACL5勝1分の日本が単独首位浮上

AFCアジアサッカー連盟は、2020年シーズン初めての「AFCカントリー・ランキング」を公表した。

過去4シーズンにおけるアジア・チャンピオンズリーグと、AFCカップの各国代表クラブの成績を数値化することで算出されるAFCカントリー・ランキング。

2019年シーズン終了時点では、首位が中国、2位がカタール、3位に日本という順位だったが、2020年に突入してから2016年シーズン分が対象外となったことと、今季のアジア・チャンピオンズリーグの成績が反映されたことで、日本が首位に躍り出た。

今シーズンのアジアチャンピオンズリーグでは、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京の3クラブが参加。プレーオフで敗退した鹿島アントラーズを他所に、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京合計でここまで5勝1分けの負けなしと圧倒的な強さを誇っている。

また、2018年シーズンの鹿島アントラーズの優勝、2019年シーズンの浦和レッズの準優勝という成績も含まれていることから、サウジアラビア、中国、韓国などを抑えて堂々と日本がAFCカントリー・ランキングトップに躍り出たというわけだ。

ちなみに、クラブ・ランキングでは昨季のアジアチャンピオンズリーグ覇者アル・ヒラル(サウジアラビア)が107.00ポイントで首位、2位に102.50ポイントで鹿島アントラーズがランクインしている。

2020AFCカントリー・ランキング一覧

さて、そんな注目のAFCカントリー・ランキングとクラブ・ランキングのトップ10は以下の通り!

  • AFCカントリー・ランキング
    1▷日本 63.733ポイント
    2▷サウジアラビア 60.550ポイント
    3▷中国 59.467ポイント
    4▷カタール 53.400ポイント
    5▷イラン 49.450ポイント
    6▷韓国 43.500ポイント
    7▷タイ 37.200ポイント
    8▷ウズベキスタン 30.350ポイント
    9▷UAE 28.933ポイント
    10▷イラク 27.167ポイント
  • AFCクラブ・ランキング
    1▷アル・ヒラル(サウジアラビア) 107.00ポイント
    2▷鹿島アントラーズ(日本) 102.50ポイント
    3▷上海上港(中国) 100.66ポイント
    4▷アル・ドゥハイル(カタール) 93.76ポイント
    5▷アル・アハリ(サウジアラビア) 91.00ポイント
    6▷ペルセポリス(イラン) 88.52ポイント
    7▷広州恒大(中国) 87.66ポイント
    8▷浦和レッズ(日本) 85.00ポイント
    9▷アル・サッド(カタール) 82.76ポイント
    10▷エステグラル(イラン) 80.02ポイント

ベッティングトップ10では、アジアチャンピオンズリーグの注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑