アーセナル対チェルシー【予想とオッズ】

アーセナル対チェルシーの有名ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイト10ベット(10bet)ベット365(bet365)での試合の予想は以下の通りとなっている。

プレミアリーグ第20節、アーセナル対チェルシーのオッズはアウェーのチェルシーがやや優勢となっている。ビックロンドンダービーを制すのはどちらのチームになるだろうか?

 

1 引分 2 1 引分 2
2.85 3.70   2.35 2.87 3.75 2.30

※1がアーセナル
※2がチェルシー
(オッズは日本時間12月28日、午前9時現在)

ベッティングトップ10では、今年も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

マッチプレビューチェック!

第20節、注目の試合、アーセナル対チェルシーのビックロンドンダービーが行われる。
アーセナルにとってはアルテタ新監督を迎えて初のホームでの試合。ファンに新体制をアピールできるか?
対するチェルシーは4位にいながら第7節〜12節にかけて6連勝を飾って以降は勝ったり負けたりと勢いが持続できないでいる。ダービーでアーセナルに勝って勢いを取り戻したいだろう。

 

第19節(前節)は、、、

アルテタ新監督の初陣となったアウェーでの第19節ボーンマス戦は1-1のドロー。
守護神レノの好セーブで1失点に凌いだ感はあるが、メスト・エジルを中心に今後の変化(可能性)を感じられる攻撃も見られた。

チェルシーはホームでサウザンプトンに0-2と痛恨の敗戦。
ボールポッゼションは66%と相手を大きく上回ったが、サウザンプトンのカウンターに綺麗にやられてしまった。

 

直近の成績は?

アーセナルはリーグ戦直近5試合で1勝2敗2分と勝てないでいる。更に遡ると11月以降のリーグ戦9試合で僅かに1勝しかしていない。アルテタ新監督を迎えてチームが激変すればいいが、やはり時間が必要か?

チェルシーは2勝3敗。6連勝をした第12節以降は勝ったり負けたりの繰り返し。このパターンでいくと今節は勝利?この5試合で5得点、7失点。弱点と言われている守備陣を早急に改善したい。

 

キープレーヤー!

何かと話題のメスト・エジルに期待したい。スタメン復帰した前節は攻撃の起点となり流石のプレーを幾多も見せた。オーバメヤン(得点ランキング2位)へのスルーパスがアーセナルの勝利には必要になるはず。

今やチェルシーだけでなくフランス代表の中盤も支えるエンゴロ・カンテに注目。中盤だけでなくピッチ全体を支えていると行っても過言でないほどの広範囲をカバーする運動量。アーセナルの中盤を自由にさせずに支配できるかが鍵となる。

 

直接対決

過去5試合の対戦成績は2勝2敗1分と全くの五分の戦い。
ホームチームが4勝1分と圧倒的にホーム有利の結果になっている。今季不調のアーセナルではあるがデータを味方につけれるか?

 

チェルシーは戦前の予想に反して上出来と言える4位をキープしている。しかし、シーズン当初からみると調子は明らかに下向きになっている。
アーセナルはシーズンを通してチーム状況は一向に上がらない中、新監督の元、状況気流に乗りたい。
両チームともに状況を打破するには勝利が一番の特効薬。年内最後のダービーに勝って2020年に向けて弾みをつけたい試合になるに違いない。第20節、注目のビックロンドンダービーは日本時間12月29日(日)、23時、アーセナルのホーム、エミレーツスタジアムでキックオフ!!

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , , , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑