アーセナルのレジェンドTOP10発表!元レ・ブルーの三銃士が上位独占

ヴェンゲルの元で輝きを放ったレジェンドたち

アーセナルロンドン・イブニング・スタンダード紙のジェームズ・オレー記者は、「2000年以降のチームの勝利や発展、タイトルの獲得、クオリティーアップにどれだけ大きく貢献したか」という選定基準で「アーセナルのレジェンドTOP10」を発表した。

パトリック・ヴィエラ、デニス・ベルカンプ、ロベール・ピレス、フレドリック・ユングベリなど錚々たる面々が顔をそろえたランキングの第一位に輝いたのは、元レ・ブルーのティエリ・アンリだ。

公式戦通算成績375試合・228得点・90アシストと、ガナーズの最多得点記録保持者でもあるアンリが堂々一位に輝いた。

01-02シーズンから5年連続で20ゴール超えを達成したことは、今でもアーセナルの長い歴史上ティエリ・アンリただひとり。

そんなアンリに次いで2位に選ばれたのは、同じく元レ・ブルーのパトリック・ヴィエラだ。

フランス代表の同胞であるアンリ、ロベール・ピレス等とともに、アーセン・ヴェンゲルのもとで本物のダイヤモンドへと変貌したレジェンドだ。

また、3位にはニューカッスル・ユナイテッド戦の振り向きトラップで敵を交わして決めたゴールでお馴染みのデニス・ベルカンプがランクインしている。

アーセナルのレジェンドTOP10一覧

さて、そんなロンドン・イブニング・スタンダード紙のジェームズ・オレー記者が発表した「アーセナルのレジェンドTOP10」は以下のとおり!

1位▷ティエリ・アンリ(元フランス代表FW)
在籍期間▷1999年8月~2007年6月、2012年1月~2012年2月
公式戦通算成績▷375試合・228得点・90アシスト
補足:クラブ最多得点記録保持者

2位▷パトリック・ヴィエラ(元フランス代表MF)
在籍期間▷1996年8月~2005年7月
公式戦通算成績▷392試合・33得点・34アシスト

3位▷デニス・ベルカンプ(元オランダ代表FW)
在籍期間▷1995年7月~2006年6月
公式戦通算成績▷402試合・109得点・71アシスト
補足:10年以上在籍

4位▷トニー・アダムス(元イングランド代表DF)
在籍期間▷1983年7月~2002年6月
公式戦通算成績▷401試合・21得点・5アシスト
補足:10年以上在籍
補足:ワンクラブマン

5位▷ロベール・ピレス(元フランス代表MF)
在籍期間▷2000年7月~2006年6月
公式戦通算成績▷283試合・85得点・41アシスト

6位▷フレドリック・ユングベリ(元スウェーデン代表MF)
在籍期間▷1998年9月~2007年6月
公式戦通算成績▷326試合・71得点・36アシスト

7位▷デイビッド・シーマン(元イングランド代表GK)
在籍期間▷1990年7月~2003年6月
公式戦通算成績▷480試合・415失点・クリーンシート193回
補足:10年以上在籍

8位▷ソル・キャンベル(元イングランド代表DF)
在籍期間▷2001年7月~2006年8月、2010年1月~2010年6月
公式戦通算成績▷210試合・12得点・3アシスト

9位▷レイ・パーラー(元イングランド代表MF)
在籍期間▷1991年3月~2004年7月
公式戦通算成績▷437試合・30得点・14アシスト
補足:10年以上在籍

10位▷アシュリー・コール(元イングランド代表DF)
在籍期間▷1999年7月~2006年8月
公式戦通算成績▷227試合・9得点・18アシスト

ベッティングトップ10では、プレミアリーグが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑