バルセロナのレジェンドTOP10発表!メッシ、ロニー等豪華絢爛な顔ぶれに

メッシ、ロニー等豪華絢爛な顔ぶれに

バルセロナ

スペイン紙『AS』のファン・ヒメネス記者は、「2000年以降のチームの勝利や発展、タイトルの獲得、クオリティーアップにどれだけ大きく貢献したか」という選定基準で「バルセロナのレジェンドTOP10」を発表した。

ロナウジーニョ、プジョル、シャビ、アンドレス・イニエスタなど錚々たる面々が顔をそろえたランキングの第一位に輝いたのは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。

もはや言うまでもない結果だが、718試合・627得点はぶっちぎりのクラブ最多得点記録。
09年の6冠達成を皮切りに、何度監督が変わっても不動のエースとして君臨し続けた。

そんなメッシに続いたのは、シャビ。リオネル・メッシとともに、バルサ最強時代の中心選手として躍動。

3位には、現在の黄金時代を築き上げたロナウジーニョがランクイン。とりわけエル・クラシコでの無双ドリブル&ゴラッソは、多くのサッカーファンの脳裏に焼き付いていることだろう。

バルセロナのレジェンドTOP10一覧

さて、そんなスペイン紙『AS』のファン・ヒメネス記者が発表した「バルセロナのレジェンドTOP10」は以下のとおり!

1位▷リオネル・メッシ(アルゼンチン代表FW)
在籍期間▷2005年7月~
公式戦通算成績▷718試合・627得点・261アシスト
補足▷クラブ最多得点記録保持者
補足▷10年以上在籍
補足▷ワンクラブマン

2位▷シャビ(元スペイン代表MF)
在籍期間▷1998年7月~2015年7月
公式戦通算成績▷769試合・85得点・184アシスト
補足▷クラブ最多出場記録保持者
補足▷10年以上在籍

3位▷ロナウジーニョ(元ブラジル代表FW)
在籍期間▷2003年7月~2008年7月
公式戦通算成績▷207試合・94得点・71アシスト

4位▷アンドレス・イニエスタ(元スペイン代表MF)
在籍期間▷2002年7月~2018年7月
公式戦通算成績▷674試合・57得点・140アシスト
補足▷10年以上在籍

5位▷カルレス・プジョール(元スペイン代表DF)
在籍期間▷1999年7月~2014年7月
公式戦通算成績▷593試合・19得点・13アシスト
補足▷10年以上在籍
補足▷ワンクラブマン

6位▷ダニエウ・アウベス(ブラジル代表DF)
在籍期間▷2008年7月~2016年7月
公式戦通算成績▷391試合・21得点・100アシスト

7位▷ジェラール・ピケ(元スペイン代表DF)
在籍期間▷2008年7月~
公式戦通算成績▷531試合・46得点・13アシスト
補足▷10年以上在籍

8位▷ルイス・スアレス(ウルグアイ代表FW)
在籍期間▷2014年7月~
公式戦通算成績▷270試合・191得点・108アシスト

9位▷ビクトール・バルデス(元スペイン代表GK)
在籍期間▷2002年7月~2014年7月
公式戦通算成績▷536試合・441失点・クリーンシート239回
補足▷10年以上在籍

10位▷セルヒオ・ブスケッツ(スペイン代表MF)
在籍期間▷2008年9月~
公式戦通算成績▷568試合・15得点・37アシスト
補足▷10年以上在籍
補足▷ワンクラブマン

ベッティングトップ10では、ラ・リーガサンタンデールが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑