「セルティックベストイレブン」にCLユナイテッド戦決勝FK弾の中村俊輔選出

4-4-2の右サイドで選出された中村

中村俊輔現地時間23日、イギリスメディア「スコティッシュ・サン」は、元スコットランド代表DFマーク・ウィルソン選出の「セルティックベスト11」を発表した。

スコティッシュプレミアリーグで、セルティックの選手として3度優勝を経験したマーク・ウィルソン。4-4-2のフォーメーションを元に、「一緒にプレーした選手によるセルティック・ベストイレブン」を選出。

元ポーランド代表守護神アルトゥール・ボルツをはじめ、スコットランド代表ガリー・コールドウェル、アイルランド代表エイダン・マクギーディ、元スコットランド代表スコット・ブラウンと錚々たる面々が名を連ねる中、2005~09年在籍の中村俊輔もベストイレブンに選出された。

中村は、2005年にセリエAレッジーナからスコットランドへ渡ると、年間最優秀選手に輝くなど大活躍。

とりわけ、2006年11月21日にグラスゴーで行われたチャンピオンズリーググループステージ第5節マンチェスター・ユナイテッド戦で決めた決勝フリーキック弾は伝説とされている。

マーク・ウィルソンは、そんな中村俊輔についてこの様にコメント。

「彼は僕が今まで一緒にプレーしたなかで最高の選手だ。彼は難しいことでも意図も簡単にやってみせた。彼のゲームに関する知識は素晴らしく、僕が後ろでプレーするのを楽にしてくれた。ナカムラのFKをはじめとしたセットプレーは、それを物語っている。彼はまさに天才だった。なんてフットボーラーだったんだ」

セルティックベストイレブン

さて、そんな元スコットランド代表DFマーク・ウィルソン選出の「セルティックベスト11」一覧は以下のとおり!

  • GK
    アルトゥール・ボルツ(2005~10年所属/元ポーランド代表)
  • DF
    ミカエル・ルスティグ(2011~19年所属/スウェーデン代表)
    ガリー・コールドウェル(2006~10年所属/スコットランド代表)
    スティーブン・マクマナス(2003~10年所属/元スコットランド代表)
    エミリオ・イサギレ(2010~17、18~19年所属/元ホンジュラス代表)
  • MF
    中村俊輔(2005~09年所属/元日本代表)
    スコット・ブラウン(2007年~所属/元スコットランド代表)
    スティリアン・ペトロフ(1999~2006年所属/元ブルガリア代表)
    エイダン・マクギーディ(2003~10年所属/アイルランド代表)
  • FW
    ジョン・ハートソン(2001~06年所属/元ウェールズ代表)
    ショーン・マロニー(2008~11年所属/元スコットランド代表)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑