CL・EL決勝戦の開催延期が正式決定 「ミニ・トーナメント方式」採用も

UEFAがまたしても苦渋の決断

チャンピオンズリーグ現地時間23日、欧州サッカー連盟は5月中に開催予定だったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)およびUEFA女子チャンピオンズリーグ(WCL)の決勝戦を延期することを正式に公表した。

新型コロナウィルスの感染拡大により、ヨーロッパ各国のリーグ戦は軒並み中断を強いられる中、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグといったビッグコンペティションも開催は見送られていた。

また、6月開催予定だったEURO2020に関しても、開催を1年延期するとすでに発表していた。

チャンピオンズリーグ決勝戦は5月30日にトルコのイスタンブールで、ヨーロッパリーグ決勝戦は同27日にポーランドのグダニスクで、女子チャンピオンズリーグ決勝戦は同24日オーストリアのウィーンで開催される予定だった。

現時点では、開催地の変更は発表されていないが、これらすべての開催地が変更となる可能性も大いにある。

また、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、およびUEFA女子チャンピオンズリーグの決勝戦代替日も未定となっているが、イギリスメディア「BBC」は、以下のように報道した。

「チャンピオンズリーグは6月27日、ヨーロッパリーグが同24日の開催に望みを持っている」

「ミニ・トーナメント方式」採用も?

どちらの大会もラウンド16の複数試合が未消化のなか、決勝戦を実現させるために準々決勝や準決勝を一発勝負で決する「ミニ・トーナメント方式」が採用されるのではという憶測も飛び交っている。

とはいえ、新型コロナウィルスが鳴りを潜めない中で、7月までにシーズンが完了する可能性は限りなく低いと言える。ラ・リーガサンタンデールやプレミアリーグもリーグ再開時期をさらに延期したが、はたして今シーズンは無事全てのスケジュールを終えることができるのだろうか…?

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑