CL16強決定!昨季ファイナリストがいずれも2位通過

・プレミア勢は史上初の快挙?
現地時間6日、チャンピオンズリーググループステージ最終節が行われ、いよいよ決勝トーナメントベスト16が出揃った。

今季のチャンピオンズリーググループステージで、とくに意外だったのは、昨シーズンのファイナリストがどちらも2位で突破したという点。王者レアル・マドリードは、トッテナム・ホットスパーに次いで突破し、準優勝のユベントスはバルセロナに次いで突破。

決勝トーナメント一回戦の対戦カードは、1位突破チームと2位突破チームによる組み合わせとなるため、今年は決勝トーナメント一回戦からビッグマッチが多発するかもしれない。

ちなみに、レアル・マドリード、ユベントスの他にもバイエルン・ミュンヘン、チェルシー、セビージャといった強豪クラブも2位突破となっている。

またもう一つの特徴として、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リバプール、トッテナム・ホットスパーとすべてのプレミア勢がグループステージを突破。

マンチェスター・ユナイテッドに関しては、昨シーズンのヨーロッパリーグを制覇したことで同大会の出場権を得ているため、一度の大会で一つのリーグから5チームが決勝トーナメントへ進出するというのは大会始まって以降初の快挙なのだそうだ。

さらに、プレミア王者チェルシーを除いた4つのチームが全て首位通過を果たしているというのも、今シーズンのプレミアリーグ勢の強さを物語っている。

尚、決勝トーナメント一回戦の組み合わせ抽選会は、11日にスイス・ニヨンにて行われる。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出16チームは以下の通り。

◎グループA
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
バーゼル(スイス)

◎グループB
パリ・サンジェルマン(フランス)
バイエルン(ドイツ)

◎グループC
ローマ(イタリア)
チェルシー(イングランド)

◎グループD
バルセロナ(スペイン)
ユヴェントス(イタリア)

◎グループE
リヴァプール(イングランド)
セビージャ(スペイン)

◎グループF
マンチェスター・シティ(イングランド)
シャフタール(ウクライナ)

◎グループG
ベジクタシュ(トルコ)
ポルト(ポルトガル)

◎グループH
トッテナム(イングランド)
レアル・マドリード(スペイン)

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑