『Goal』が過去10年間の通算得点ランキング発表 300点超えは2人

300点超えの超人2人

リオネル・メッシ現地時間1日、サッカーメディア『Goal』は過去10シーズンにおいてヨーロッパ5大リーグで最も多くのゴールを決めた選手をランキング形式で紹介した。

10年間で最も多くのゴールを決めたのは、言うまでも無くアルゼンチン代表FWでバルセロナ所属のリオネル・メッシとなった。メッシは、バルセロナで通算357ものゴールを挙げている。

2位には、ポルトガル代表FWでユヴェントス所属のクリスティアーノ・ロナウドで333ゴールとなった。リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの差は、わずか24ゴールとなっている。

とはいえ、1シーズンにおけるリーグ戦の得点数と同等の数字であることを考えると、改めてリオネル・メッシの凄さが分かるデータだ。

ある意味、一番注目の3位には、ポーランド代表FWでバイエルン・ミュンヘン所属のロベルト・レヴァンドフスキがランクイン。レヴァンドフスキは、クリスティアーノ・ロナウドと大きく空いて227得点となっている。

また、4位にはウルグアイ代表FWでパリ・サンジェルマン所属のエディンソン・カバーニ、5位には同じくウルグアイ代表FWでバルセロナ所属のルイス・スアレスがランクインした。

過去10年間の通算得点ランキング

さて、そんなサッカーメディア『Goal』が発表した、過去10シーズンにおいてヨーロッパ5大リーグで最も多くのゴールを決めた選手のランキングTOP15は以下のとおり!

1▷リオネル・メッシ 357
2▷クリスティアーノ・ロナウド 333
3▷ロベルト・レヴァンドフスキ 227
4▷エディンソン・カバーニ 219
5▷ルイス・スアレス 211
6▷セルヒオ・アグエロ 200
7▷ピエール=エメリク・オーバメヤン 186
8▷ゴンサロ・イグアイン 177
9▷ズラタン・イブラヒモヴィッチ 175
10▷カリム・ベンゼマ 155
11▷アントワーヌ・グリーズマン 142
12▷エディン・ジェコ 136
12▷ハリー・ケイン 136
14▷アレクサンドル・ラカゼット 134
15▷マウロ・イカルディ 133

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑