PSV堂安が「期待外れの契約11人」に選ばれる 低迷PSVから4名選出

不名誉な11人に選出されてしまった堂安

堂安律現地時間12日、オランダメディア『Voetbalzone』は、「今シーズンの期待外れの契約11人」にPSVアイントホーフェンの日本代表MF堂安律を選出している。

昨年夏のマーケットで、フローニンゲンからオランダ国内有数のビッグクラブであるPSVアイントホーフェンへ移籍金750万ユーロ(約9億円)で加入した堂安律。

鳴り物入りでエールディビジの名門の一員となったが、チームの不調と共に自身も目に見える結果を出すことができずにいた。

とりわけ今年に入ってからは、スタメン出場が1試合のみと、キャリアで最も苦しい時間を過ごしている。

さて、そんな中オランダメディア『Voetbalzone』が、パフォーマンスや移籍金、期待値といったあらゆる要因を考慮し「今シーズンの期待外れの契約11人」を発表。

そんな不名誉な記事の中に、PSVアイントホーフェン堂安の名前がある。なお、『Voetbalzone』の堂安律に対するレポートは以下の通り。

「750万ユーロをかければ、ここまでのリツ・ドウアンよりは期待できる選手を連れてくることができる。21歳の日本人は、19試合で2ゴール1アシストしか記録していない。スタメンもたった12試合。そのうち10試合はマルク・ファン・ボメル前監督体制と、監督交代でさらにうまくいかなかった」

PSVから堂安の他に3名選出

厳しい評価を下した一方で、「彼の年齢とクオリティを考慮すれば、ドウアンは評価するのはまだ早い」と、年齢を考慮した将来性についても触れている。

ちなみに、今シーズン4位と低迷するPSVアイントホーフェンからは、堂安の他にトニ・ラト、ティモ・バウムガルトル、ブルマの合計4名が名を連ねている。

新型コロナウイルスの影響によって中断を余儀なくされるエールディビジだが、再開後の堂安の奮起に期待したい!

ベッティングトップ10では、エールディビジが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑