EURO2020のポッド分けが決定!前回王者はまさかのポッド3へ…

ポルトガルとフランスがポッド1から漏れる

EURO2020現地時間20日、欧州サッカー連盟(UEFA)はEURO2020グループステージのポット分けを公表した。

EURO2020予選の成績に基づいて決定されたポッド分け。

グループステージは、24チームが6つのグループに分かれて総当たり戦を行うというレギュレータとなっている。

注目の第一ポットには、FIFAランキング最上位の「レッドデビルス」ことベルギー代表のほか、全勝突破したイタリア代表、イングランド代表、ドイツ代表、スペイン代表、ウクライナ代表が入った。

ディフェンディングチャンピオンのポルトガル代表はポッド3、ロシアワールドカップチャンピオンのフランス代表はポッド2、前回大会ベスト4でギャレス・ベイル(レアル・マドリード)要するウェールズ代表はポッド3に組み込まれた。

つまり、ベルギー、ポルトガル、フランス、ウェールズといった未だかつてないレベルの「死のグループ」が誕生する可能性もある。

前回4強ウェールズは土壇場逆転突破 

ちなみに、ポッド4に入るプレーオフは来年3月に開催される予定となっているため、全24カ国が出揃うまであと4ヶ月あるという状況だ。

EURO2020ポッド分け一覧と開催都市

さて、欧州サッカー連盟が発表した、注目のEURO2020グループステージのポット分けと、本大会開催地は以下の通り!

  • ポッド1
    ベルギー(グループB)※
    イタリア(グループA)
    イングランド(グループD)
    ドイツ(グループF)
    スペイン(グループE)
    ウクライナ(グループC)※
    ※ウクライナがロシアと同じグループに入ることができないため
  • ポッド2
    フランス
    ポーランド
    スイス
    クロアチア
    オランダ(グループC)
    ロシア(グループB)
  • ポッド3
    ポルトガル
    トルコ
    デンマーク(グループB)
    オーストリア
    スウェーデン
    チェコ
  • ポッド4
    ウェールズ
    フィンランド
    POパスA勝者
    POパスB勝者
    POパスC勝者
    POパスD勝者
  • 開催地
    グループA:ローマ(イタリア)、バクー(アゼルバイジャン)
    グループB:サンクトペテルブルク(ロシア)、コペンハーゲン(デンマーク)
    グループC:アムステルダム(オランダ)、ブカレスト(ルーマニア)
    グループD:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド)
    グループE:ビルバオ(スペイン)、ダブリン(アイルランド)
    グループF:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー)

ベッティングトップ10では、EURO2020本大会の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑