EURO2020出場国が続々決定!今節までで出場を決めた15カ国は?

オランダ、ドイツ等が予選突破

バジル・ファン・ダイク現地時間14~16日にかけて、EURO2020予選のグループ第9節が開催された。

今予選最大のサプライズは、フィンランドの躍進。ホームでリヒテンシュタインを3−0で一蹴し、同国史上初めてEURO本大会出場を決定させた。

また、同グループのイタリアは、最終節を残して全勝とし、文句なしで本体出場を確定。

また、ドイツ、オランダ、北アイルランドの三つ巴の争いが熾烈を極めるグループCは、ドイツとオランダが予選通過を決定させた。

北アイルランドは、ホームでオランダ相手にスコアレスドローで健闘したものの、惜しくも本大会出場とはならなかった。

試合前プレビュー

その他、イングランドはハリー・ケインのハットトリックなどでモンテネグロを7−0で一蹴。2位のチェコは、コソボ相手に辛勝し、悲願の本大会進出。

第9節終了時点で、15チームの出場が決定。今日より幕を開ける最終節で、残りの5チームが決定。さらに来年3月に行われるプレーオフを制した4チームが加わることとなる。

EURO本戦出場決定15チーム一覧

そんなEURO本戦出場決定チーム一覧は以下の通り!

  • グループA
    イングランド代表(3大会連続10回目)
    チェコ代表(7大会連続10回目)
  • グループB
    ウクライナ代表(3大会連続3回目)

※突破の可能性があるチーム
ポルトガル代表(勝ち点14/残り1試合)
セルビア代表(勝ち点13/残り1試合)

  • グループC
    ドイツ代表(13大会連続13回目)
    オランダ代表(2大会ぶり10回目)

※突破の可能性があるチーム
北アイルランド代表(勝ち点13/残り1試合)

  • グループD
    なし
    ※突破の可能性があるチーム
    デンマーク代表(勝ち点15/残り1試合)
    スイス代表(勝ち点14/残り1試合)
    アイルランド代表(勝ち点12/残り1試合)
  • グループE
    クロアチア代表(5大会連続6回目)

※突破の可能性があるチーム
ハンガリー代表(勝ち点12/残り1試合)
ウェールズ代表(勝ち点11/残り1試合)
スロヴァキア代表(勝ち点10/残り1試合)

  • グループF
    スペイン代表(7大会連続11回目)
    スウェーデン代表(6大会連続7回目)
  • グループG
    ポーランド代表(4大会連続4回目)
    オーストリア代表(2大会連続3回目)
  • グループH
    フランス代表(8大会連続10回目)
    トルコ代表(2大会連続5回目)
  • グループI
    ベルギー代表(2大会連続6回目)
    ロシア代表(5大会連続12回目)
  • グループJ
    イタリア代表(7大会連続10回目)
    フィンランド代表(初出場)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑