EURO2020の延期が正式決定!南米選手権とともに1年後の開催を発表

UEFAが大きな決断

EURO現地時間17日、ヨーロッパサッカー協会は今夏に開催予定だったEURO2020を12カ月先に延期することを正式に公表した。これにより、EURO2020の開催は2021年6月11日から7月11日となる見通しだ。

新型コロナウイルス感染拡大によりヨーロッパ5大リーグをはじめとする世界各国のほとんどのスポーツイベントが中断を強いられている中、ヨーロッパサッカー協会は大きな決断を下した。

加盟55協会と欧州クラブ協会、国際プロサッカー選手会といった代表者とビデオカンファレンスを実施し、今夏のEURO2020開催を先延ばしとすることを決定。

ヨーロッパサッカー連盟アレクサンデル・チェフェリン会長は、今回の決定についてこのようにコメントしている。

「ファン、スタッフ、選手たちの健康は、我々のファーストプライオリティでなければなりません。UEFAは様々なオプションを検討しました。欧州各国の反応は本当に誇らしいものでした。犠牲も伴う中、そこには本当に協力の精神がありました」

また、EURO2020が延期となったことで、ヨーロッパの主要リーグにとってはシーズンを消化するためのスケジュールが緩和されたことになる。

その一方、元『BBC』記者の『The Athletic』デイヴィッド・オーンステイン記者は今回の決定についてこのように指摘。

「UEFAはEURO延期に伴い、各国リーグやクラブ対して3億ユーロ(約357億円)の補償金を要求するだろう」

どちらにせよ、EURO2020が延期となったことで大きな経済的影響を避けられないだろう。

開催形式が変更される可能性も…

さて、今回のヨーロッパ選手権は6月12日から7月12日にかけて、イングランド、アゼルバイジャン、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、イタリア、オランダ、アイルランド、ルーマニア、ロシア、スコットランド、スペインのヨーロッパ12都市で分散開催される予定だった。

2021年は、U-21欧州選手権をはじめ、レギュレーションが一新されるFIFAクラブ・ワールドカップなどとバッティングすることになるが、今後の開催形式の決定にも注目が集まる。

ベッティングトップ10では、来年開催のEURO2021の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑