EURO2020の全出場国・グループステージ組み合わせ決定!死の組は…?

EURO2020の全出場国決定

EURO2020現地時間12日、EURO2020予選プレーオフ決勝が開催され、残りの出場4枠が決定。これにより、来年開催されるEURO2020本大会の全出場チームが決定した。

ハンガリー、スロバキア、スコットランド、北マケドニアが、本大会への最後の切符を掴んだEURO2020予選プレーオフ決勝。

これですべての予選日程が終了し、本大会のグループステージの全組み合わせも正式に決定した。

中でも、ディフェンディングチャンピオンのポルトガル代表、ロシアワールドカップチャンピオンのフランス代表、ブラジルワールドカップ覇者のドイツ代表が同居するグループFは熾烈な戦いになることが予想される。

また、セルビア代表とのペナルティキック戦に勝利して、24年ぶりのEURO出場を決めたスコットランドは因縁の相手イングランド代表と同居。こちらも、大会屈指の“熱戦”となること間違いなしだ。

さて、そんなEURO2020本大会は2021年の6月11日から約1か月間で欧州12の都市での分散開催される。

ベッティングトップ10では、EURO2020本大会の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

EURO2020グループステージ一覧

【グループA】
開催都市ローマ(イタリア)/バクー(アゼルバイジャン)

・トルコ(2大会連続5回目)
・イタリア(7大会連続10回目)
・ウェールズ(2大会連続2回目)
・スイス(2大会連続5回目)

【グループB】
開催都市サンクトペテルブルク(ロシア)/コペンハーゲン(デンマーク)

・デンマーク(2大会ぶり9回目)
・フィンランド(初出場)
・ベルギー(2大会連続6回目)
・ロシア(5大会連続12回目)

【グループC】
開催都市アムステルダム(オランダ)/ブカレスト(ルーマニア)

・オランダ(2大会ぶり10回目)
・ウクライナ(3大会連続3回目)
・オーストリア(2大会連続3回目)
・北マケドニア(初出場)

【グループD】
開催都市ロンドン(イングランド・イギリス)/グラスゴー(スコットランド・イギリス)

・イングランド(3大会連続10回目)
・クロアチア(5大会連続6回目)
・スコットランド(6大会ぶり3回目)
・チェコ(7大会連続10回目)

【グループE】
開催都市ビルバオ(スペイン)/ダブリン(アイルランド)

・スペイン(7大会連続11回目)
・スウェーデン(6大会連続7回目)
・ポーランド(4大会連続4回目)
・スロヴァキア(2大会連続2回目)

【グループF】
開催都市ミュンヘン(ドイツ)/ブダペスト(ハンガリー)

・ハンガリー(2大会連続4回目)
・ポルトガル(7大会連続8回目)
・フランス(8大会連続10回目)
・ドイツ(13大会連続13回目)

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑