蘭紙がフェイエノールトの歴代カルトベストイレブンに小野伸二を選出!

歴代カルトベストイレブンに小野選出

小野現地時間4日、オランダメディア「Voetbalzone」はエールディビジの強豪フェイエノールトにおいて「21世紀に所属したカルト的人気を誇った選手たち」と題して歴代ベストイレブンを選出した。

1997~2003年在籍のポール・ボスフェルトをはじめ、2009~10年在籍のステファン・バボビッチ、2007~11年在籍のティム・デ・クレルなど錚々たる面々が名を連ねた中、4-3-3の右インサイドハーフに元日本代表MFの小野伸二も選出されている。

フェイエノールトは、リーグ優勝10回、国内カップ戦優勝12回、UEFAチャンピオンズカップ優勝1回、UEFAカップ優勝1回を誇るオランダの強豪クラブだが、そんな歴史あるクラブのベストイレブンに日本人選手が選出されたことはちょっとしたサプライズでもある。

尚、もう一人の日本人選手であるFW宮市亮(ザンクト・パウリ)は選出されなかった。

21世紀カルトヒーローチーム

さて、そんな「Voetbalzone」が選んだフェイエノールト“21世紀カルトヒーローチーム”は以下のとおり!

GK
マイケル・アーツ(2005~07年在籍/オランダ)

DF
クリスチャン・ギャン(1997~2007年在籍/元ガーナ代表)
アンドレ・バイア(2004~11年在籍/ブラジル)
ミケル・ネロム(2011~18年在籍/元オランダ代表)
ティム・デ・クレル(2007~11年在籍/元オランダ代表)

MF
小野伸二(2001~06年在籍/元日本代表)
ポール・ボスフェルト(1997~2003年在籍/元オランダ代表)
ステファン・バボビッチ(2009~10年在籍/元セルビア代表)

FW
ジョン・ファン・ ブーケリング(2010~11年在籍/元インドネシア代表)
コリン・カジム=リチャーズ(2014~16年在籍/元トルコ代表)
ヨン・グイデッティ(2011~12年在籍/元スウェーデン代表)

バックアップメンバー
GK
イェルジ・デュデク(1996~2001年在籍/元ポーランド代表)

DF
アレクサンデル・オストランド(2004~06年在籍/元スウェーデン代表)
テオ・ルシウス(2006~09年在籍/元オランダ代表)

MF
レックス・イメルス(2012~16年在籍/オランダ)

FW
アンゲロス・ハリステアス(2006~07年在籍/元ギリシャ代表)
エルヴィス・マヌ(2012~15年在籍/オランダ)

ベッティングトップ10では、エールディビジが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑