独紙発表のレアル・マドリード史上高額契約ベストイレブンが話題

史上最高額はギャレス・ベイル

ギャレス・ベイルドイツメディア「transfermarkt」は、歴代のレアル・マドリードの選手において、ポジション別に最高額契約選手を並べたベストイレブンを公開した。

現レアル・マドリード監督で元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏をはじめ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)など錚々たる面々が名を連ねたレアル・マドリードベストイレブン。

中でも最も移籍金が高かった選手は、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルだ。

12-13シーズンにPFA年間最優秀選手賞を受賞し、トッテナム・ホットスパーから鳴り物入りで白い巨人の仲間入りを果たしたギャレス・ベイル。1億100万ユーロ(約117億円)と、現在もレアル・マドリード史上最高額となる移籍金で移籍。

ちなみに、3回のプレミアリーグ制覇とUEFAチャンピオンズリーグ制覇を経験し、マンチェスター・ユナイテッドから加入したクリスティアーノ・ロナウドの移籍金は9400万ユーロ(約109億円)。
この数字は、2009年時点では史上最高額だった。

レアル・マドリード史上高額契約ベストイレブン

さて、そんな注目のドイツメディア「transfermarkt」発表レアル史上“高額契約”ベスト11一覧は以下のとおり!

  • GK
    ティポ・クルトワ(ベルギー代表:チェルシー:3500万ユーロ:41億円)
  • DF
    ダニーロ(ブラジル代表:ポルト:3150万ユーロ:37億円)
    エデル・ミリトン(ブラジル代表:ポルト:5000万ユーロ:58億円)
    ペペ(ポルトガル代表:ポルト:3000万ユーロ:35億円)
    フェルラン・メンディ(フランス代表:リヨン:4800万ユーロ:56億円)
  • MF
    マテオ・コバチッチ(クロアチア代表:インテル:3800万ユーロ:44億円)
    ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表:モナコ:7500万ユーロ:87億円)
    ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表:ユベントス:7750万ユーロ:90億円)
  • FW
    ギャレス・ベイル(ウェールズ代表:トットナム:1億100万ユーロ:117億円)
    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表:マンU:9400万ユーロ:109億円)
    エデン・アザール(ベルギー代表:チェルシー:1億ユーロ:116億円)

ベッティングトップ10では、ラ・リーガサンタンデールが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑