再開初戦のダービーマッチで先制弾のホーランド わずか9試合でリーグ戦10得点到達

わずか9試合でリーグ戦10得点のホーランド

ボルシア・ドルトムント現地時間16日、新型コロナウイルスの影響で中断していたブンデスリーガは「ボルシア・ドルトムント対シャルケ04」のレヴィア・ダービーを皮切りに再開された。

再開初戦でいきなりのレヴィア・ダービーとあって国民の興奮は最高潮に達していであろう中、ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ホーランドがまたしてもやってのけた。

右サイドを駆け上がったトルガン・アザールからの鋭いクロスを左足で上手く合わせて先制点を挙げたホーランド。その後、トルガン・アザール、ラファエル・ゲレイロが得点を重ねて、結果ボルシア・ドルトムントが4-0でシャルケ04を一蹴した。

翌日には、アメリカメディア『ユーロスポーツ』がホーランドのツイッターアカウントでの喜びの丈をレポートしている。

ホーランドは、自身のTwitterアカウントにて「戻ってこられて良かった」とキャプションを添えつつ体を揺らすようなゴールパフォーマンスを行った自身の画像を掲載。

これで1月のレッドブル・ザルツブルクからの加入後わずか9試合でリーグ戦10ゴールに到達してしまったノルウェー人の怪物。

ホーランド「ゴールを決めて当然さ」

シャルケ04戦後にはこのようにインタビューに答えた。

「もちろん、これまでのようにはいかない。7週間も試合をしていなかったから、もちろん違うよ。でも(試合のない)この期間にハードワークを続けてきたことはわかっていたんだ。(ゴールに)驚きはないさ。」

そんなアーリング・ブラウト・ホーランドのシーズン終盤戦のさらなる活躍に目が離せない!

また、重要なダービーマッチで快勝したボルシア・ドルトムントの守護神ロマン・ビュルキは「試合前に長い間話したんだ。子供のころのプレーと何ら変わりないとね。ファンはいなく、ただ楽しむだけだとね。今日のチームはそれができたね。テレビで見ているファンにとっても素晴らしい結果だったと思う」とよろこびに浸った。

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑