フンメルスの東京五輪出場は既定路線?ドルトSDも可能性示唆

フンメルス、ミュラーが東京五輪参戦か

マッツ・フンメルス元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、今夏行われる東京オリンピックでオーバーエイジ枠でドイツ代表として参戦する可能性が高いようだ。

フンメルスが所属するボルシア・ドルトムントのミヒャエル・ツォルスポーツディレクターが示唆している。

ドイツ国内でも注目を集める東京オリンピックのU-23ドイツ代表メンバー

つい先日は、ヴェルダー・ブレーメンで大迫勇也とチームメイトのヨハネス・エッゲシュタイン、マキシミリアン・エッゲシュタインのメンバー入りが濃厚といった記事も出回ったが、今回はワールドカップ優勝経験者から数人の選手がオーバーエイジでの五輪メンバー招集が噂されている。

その選手が、A代表のヨアヒム・レーブ監督の構想から外れているマッツ・フンメルス、バイエルン・ミュンヘンに所属するトーマス・ミュラーの2名だ。

彼らは、ユーロ2020への出場の可能性が極めて低いため、シュテファン・クンツ監督がオーバーエイジ枠でU-23ドイツ代表メンバーに引き入れるとのこと。

ボルシア・ドルトムントのミヒャエル・ツォルスポーツディレクターは、「まだシュテファン・クンツとは正式に話していない。まだしばらく先のことだし、それから話をすればいい」と言葉を濁してはいるものの、こうした発言が出るということは、すでに五輪への派遣に肯定的という見方ができる。

加えてミヒャエル・ツォルスポーツディレクターは、「その前にはもう1つほかの大会が行われるのでね」とも発言。

つまり、フンメルス等のユーロ2020出場の可能性が完全に消滅しているわけではないということだ。

前回大会の悔しさを晴らしたいドイツ

さて、日本のサッカーファンとしてはなるべく多くのスター選手が東京に集まることを願うばかりだが、彼らブラジルワールドカップ優勝メンバーの来日はなるだろうか…?

2016年のリオデジャネイロ五輪では、決勝戦まで勝ち進むもホスト国のブラジルにペナルティーキック戦で敗れたドイツ。

その悔しさをはらすため、シュテファン・クンツは考えうるベストのメンバーを東京へ連れていくだろう。

ベッティングトップ10では、東京オリンピックの注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑