インテル・ミラノ対ヘタフェCF【予想とオッズ】

インテル・ミラノ対ヘタフェCFの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)ベット365(bet365)での試合の予想は以下の通りとなっている。

イタリア・セリエAを2位で終えたインテル・ミラノが優勢のオッズとなっている。1発勝負だけに波乱が起こる可能性もある。ヘタフェCFは低評価を覆すことができるのか。

1引分21引分2
1.713.804.651.753.504.75

※1がインテル・ミラノ
※2がヘタフェCF
(オッズは日本時間2020年8月3日、午前7時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

ヨーロッパリーグ(以下、EL)決勝トーナメント2回戦の注目の試合、インテル・ミラノ対ヘタフェCF戦が行われる。

インテル・ミラノはチャンピオンズリーグ(以下、CL)をグループステージ敗退からのEL参戦となる。セリアAは2位で終了した。今季の実績からヘタフェよりも格上と考えられるが、セリアA最終節から中3日しかなく、過密日程となっている。そこに不安が残る。

ヘタフェCFはELグループステージを2位通過、決勝トーナメント1回戦はオランダのアヤックスを破り2回戦へと駒を進めた。今季、ラ・リーガでは後半失速して8位でシーズンを終え来季EL出場権も逃した。それ故に今大会に懸ける思いは強い。シーズン終了が7月20日。そこから約2週間の間隔が空き、休養十分でコンディションはインテル・ミラノよりも上か。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断されていた ELは8月の集中開催となって再開する。インテル・ミラノ対ヘタフェCFは3月に予定されていたファーストレグが中止となり、この1試合の結果で準々決勝出場が決まることになった。実力上位のインテル・ミラノが順当に勝ち上がるのか。休養十分のヘタフェCFがジャイアントキリングを起こすのか。楽しみな一戦だ。

 

直近5試合の戦績は?

インテル・ミラノは3勝2分。4試合連続のクリーンシートでシーズンを終えた。9得点、2失点と安定感抜群。

ヘタフェはラ・リーガを0勝3敗2分けと苦戦した。5試合で、1得点、6失点、クリーンシートを4試合献上している。結果的に1勝でもしていれば、来季EL出場権を獲得できていただけに、大失速が悔やまれる。

 

直接対決

インテル・ミラノはCL、ELなどヨーロッパの舞台の常連であるが、ヘタフェはまだまだ実績が乏しい。そのため今回が初の対戦となる。

 

注目の選手!

ロメル・ルカクに注目したい。今季チーム得点王、リーグ3位でフィニッシュした。EL決勝トーナメント1回戦では2試合連続ゴールを上げ、1回戦突破に貢献。この試合でもヘタフェの脅威になるに違いない。今季アウェーに強いルカク。ホーム側となるが、アウェーと同じ状況だけに得点の期待が高い

 

インテル・ミラノは1997-1998大会ぶりのタイトル獲得に向けて臨む今大会ではあるが、ベスト16突破は2003-2004大会以降ない。CLへの出場の方が多いとは言え、ベスト16の壁に苦しんでいる感はある。1発勝負となったこの試合でヘタフェに足下を救われる可能性も大いにありそうだ。ヘタフェは前半から積極的に仕掛けてインテル・ミラノの足を止めれれば、勝機は皆無ではなさそうだ。EL注目の一戦はシャルケ04のホーム、ヴェルティンス・アレーナで日本時間8月6日(木)、午前4時30分キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags:


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑