Jリーグ年間MVP、ベストイレブン発表!【川崎から最多7名選出】

ベストイレブンに家長、中村等選出

中村憲剛18日、Jリーグ年間表彰式「2018 Jリーグアウォーズ」が横浜アリーナで行われ、年間MVP選手と、年間ベストイレブンが発表された。

年間MVPには、優勝した川崎フロンターレから家長昭博が初選出。2016年中村、2017年小林に続いて、3年連続同一クラブからのMVP選出は初の快挙となった。

注目のベストイレブンには、そんな川崎フロンターレから守護神チョン・ソンリョン、DFエウシーニョ、DF車屋紳太郎、DF谷口彰悟、MF中村憲剛、MF家長昭博、MF大島僚太の7名が入った。

同一クラブから7人の選手がベストイレブンに入る事例は、1994年のヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)、2002年のジュビロ磐田に並ぶ歴代最多タイ記録となる。

川崎フロンターレがJ連覇達成!

MVPの家長も32歳とベテランだが、なにより38歳の中村憲剛が未だ衰えを感じさせないのが凄まじい。アジアチャンピオンズリーグも含めて、来シーズンの活躍にも期待だ。

その他、北海道コンサドーレ札幌所属でタイ代表のMFチャナティップが、東南アジア出身選手として初のベストイレブンに入ったことも大きな話題となっている。

また、24ゴールで得点王にも輝いた名古屋グランパスの元ブラジル代表FWジョーや、ガンバ大阪の韓国代表FWファン・ウィジョ、アジアチャンピオンズリーグ覇者の鹿島アントラーズからDF西大伍等も選ばれた。

鹿島対レアル・マドリード予想とオッズ

Jリーグ年間ベストイレブン一覧

そんな2018年年間ベストイレブンは以下の通り!

  • GK
    チョン・ソンリョン(川崎)
    【初受賞】31試合24失点
  • DF
    西 大伍(鹿島)
    【2年連続2回目】23試合3ゴール
    エウシーニョ(川崎)
    【2年連続2回目】32試合2ゴール
    車屋紳太郎(川崎)
    【2年連続2回目】31試合0ゴール
    谷口彰悟(川崎)
    【初受賞】34試合3ゴール
  • MF
    チャナティップ(札幌)
    【初受賞】30試合8ゴール
    家長昭博(川崎)
    【初受賞】32試合6ゴール
    大島僚太(川崎)
    【初受賞】29試合2ゴール
    中村憲剛(川崎)
    【3年連続8回目】33試合6ゴール
  • FW
    ジョー(名古屋)
    【初受賞】33試合24ゴール
    ファン・ウィジョ(G大阪)
    【初受賞】27試合16ゴール

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑