サンチョの新天地はユナイテッド濃厚?英紙が香川を引き合いに比較

香川を引き合いに比較

ジェイドン・サンチョ現地時間3日、イギリスメディア「デイリー・メール」はボルシア・ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が有力であることを報じた。

マンチェスター・シティの下部組織で育ったジェイドン・サンチョは、2017年にボルシア・ドルトムントへ加入。若干17歳でトップチームデビューを飾ると、瞬く間に不動のウィンガーへと駆け上った。

2018年には、イングランド代表デビューを果たすと、チェルシー、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドといったプレミアリーグ勢をはじめ、レアル・マドリードやバルセロナといったラ・リーガサンタンデールのメガクラブへの移籍の噂も出るようになった。

そんな中イギリスメディア「デイリー・メール」は、「ジェイドン・サンチョはピエール=エメリク・オーバメヤンのようなヒット作か、シンジ・カガワのような失敗作か」と題して、サンチョのプレミアリーグ成功の可否について述べている。

2012年6月にドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川真司についてはこのようにレポート。

「シンジ・カガワが契約した時、パク・チソンの成功に続き、オールド・トラッフォードを賑わす最新のアジアスターになるだろうという大きな期待を背負った。クラブは極東でのブランド力拡大も視野に入れていた。1年目は公式戦26試合で6得点を挙げて比較的ポジティブなシーズンを過ごしたにもかかわらず、結局カガワは上手くいかなかった。」

ユナイテッド移籍有力のサンチョ

香川真司を引き合いに出しつつ、ジェイドン・サンチョの移籍先の最有力候補がマンチェスター・ユナイテッドであることも示唆している。

2016年に2600万ポンド(約34億6000万円)でユナイテッドへ移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンや、2018年に5700万ポンド(約75億8000万円)でアーセナルへ移籍したオーバメヤンのように、ドルトムントからプレミアリーグ挑戦で成功を掴むことができるだろうか?

ジェイドン・サンチョの今後の去就に目が離せない!

ベッティングトップ10では、プレミアリーグが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑