ベルギーリーグが今シーズン打ち切り決定!優勝選手は複雑な心境吐露

クラブ・ブルッヘが優勝

ジュピラー・プロ・リーグ現地時間2日、オランダメディア『デイリー・テレグラフ』はベルギーリーグ(ジュピラー・プロ・リーグ)が新型コロナウィルス感染拡大を受けてリーグの続行中止と、現在の順位を最終順位に決定することを正式発表したと報じた。

ジュピラー・プロ・リーグは、「試合を再開するにあたり、選手や家族、スタッフなど、すべての関係者の健康リスクを排除することはできない」という声明を公開するとともに、中断前の暫定順位をシーズンの最終順位とすることを決断。

現在、クラブ・ブルージュが勝ち点「70」で首位を独走しており、2位のゲントに勝ち点15差をつけていた。つまり、今季のジュピラー・プロ・リーグ覇者はクラブ・ブルージュに決定したことになる。

そんな中、クラブ・ブルージュのMFフォルメルは複雑な心境を抱いているようだ。

「もちろん、僕たちはピッチ上での結果によって優勝を手にしたいと思っていたよ。今回の戴冠は、僕にとってこれまでで最も奇妙なタイトルだし、今後こういった経験をすることがないよう願っている。これは、とても厄介な状況だからね」

「毎日数百人が亡くなっている状況で、サッカーをすることなんてできるかい? それは不可能だ。今の状況は予想外だけど、リーグの続行中止は当然のことだと思う」

森岡、三好はヨーロッパリーグ出場権獲得

ひいては、森岡亮太が所属する3位シャルルロワと三好康児がプレーする4位アントワープがヨーロッパリーグへの出場資格を得たことになる。

一方で、今季から小林祐希が加わった現在最下位のワースラント=ベベレンは、今回の決定により降格しない運びとなるようだ。

また、イギリスメディア『Daily Mail』は、今回のジュピラー・プロ・リーグの決定が他のリーグに波及する可能性が高いことを示唆している。これにより、一斉に欧州サッカーのシーズン中止が決定も…?

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑