ボタフォゴ本田が史上初「5大陸スコアラー」に!海外メディアも注目

初の「5大陸スコアラー」となった本田

本田圭佑現地時間16日、ドイツメディア『transfermarkt』は元日本代表FW本田圭佑が、史上初めて5大陸で得点を奪ったフットボーラーとなったことを伝えている。

今冬のマーケットで、ブラジルリーグのボタフォゴに加入した本田圭佑。

現地時間15日に行われたカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)第3節バングー戦で先発出場を果たすと、ペナルティキックによって移籍後初出場初ゴールをマークした。

『transfermarkt』は、即座に本田圭佑の5大陸での得点記録に着目している。

名古屋グランパス、VVVフェンロ(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、そしてブラジルのボタフォゴと、数多くの大陸、クラブを渡り歩いてきた本田圭佑。

これまでアジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアの4大陸でゴールを決めてきたが、今回のカンピオナート・カリオカでの得点で「5大陸スコアラー」となった。

2010年ワールドカップを含めれば…

また『transfermarkt』は、このようにコメントを添えている。

「2010年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会で、本田はカメルーン(1-0)とデンマーク(3-1)とのグループステージでゴールを挙げている」

クラブでのゴールは無いにせよ、アフリカ大陸で得点をしたことはあると指摘。
本田圭佑自身もTwitterアカウントで、「いつか南極でプレーして、得点したい」とツイートしているが、はたして全大陸制覇はなるか…?

また、お隣の国韓国メディアも「まさに挑戦者という言葉がこれほどよく似合うことはない。アジアでワールドカップ最多得点を記録している本田圭佑が、世界のサッカー史において初めて5大陸でゴールを決めた選手になった」とレポート。

ベッティングトップ10では、本田圭佑が出場予定の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑