久保のビジャレアル行きが確定か 買取OPが無い理由は?

ビジャレアル行きが秒読み段階に

久保建英現地時間5日、スペインメディア『アス』はラ・リーガサンタンデールでプレーする久保建英がレアル・マドリードからビジャレアルへのレンタルが合意に達し、今日か明日にも発表される見通しだとレポートしている。

2019/20シーズンのラ・リーガサンタンデールで、降格チームのマジョルカSADに所属しながらリーグ屈指の注目株へと成長を遂げた久保建英。

しかしながら、外国人枠の都合によりレアル・マドリードでのプレーは困難なことで再び他クラブにレンタルされると見込まれていた。

一時はラ・リーガサンタンデールの半数のクラブをはじめ、セリエAのミラン、ラツィオ、リーグ・アン覇者のパリ・サンジェルマン、エールディビジのアヤックス、ブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンと数多くの有力クラブが久保の獲得を画策。

そんな中、『アス』紙は5日「久保、ビジャレアルにレンタル」と大々的に報じたことで、久保のビジャレアル行きが大方決定していることがわかった。

ビジャレアルは、久保を買い取りオプション無しでの1年間のレンタルで獲得すると見られており、久保の年俸負担に加えてレンタル料を支払い、総額で500万ユーロ(約6億3000万円)前後を捻出した模様。

「ビジャレアルからの発表は今日か明日にも行われるかもしれない」と伝えられている。

買取オプションが無い理由は?

ちなみに、買取オプションが組み込まれなかった理由としては、やはりレアル・マドリード側の事情が考慮されたのだろう。来季中にブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがスペイン国籍を取得する予定を鑑み、2021/22シーズンには「久保に外国人枠を用意する」ことを水面下で画策しているのかもしれない。

2019/20シーズンのラ・リーガサンタンデールを5位でフィニッシュしたビジュアル。来季のヨーロッパリーグ出場権も有しており、必然的に久保建英の出場機会も多くなることだろう。

獲得を熱望したウナイ・エメリの元で、さらなる活躍を期待したい!

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑