仏紙がリーグ・アンベストイレブン発表!2位マルセイユからはまさかの選出者ゼロ?

2位マルセイユからはまさかの選出者なし?

酒井宏樹現地時間2日、フランスメディア『France Football』は、フランス・フットボールリーグ(LFP)がリーグ・アンの打ち切りを正式に発表したことで、今シーズンのリーグ・アンにおけるベストイレブンを発表した。

パリ・サンジェルマン(勝ち点68)が優勝となったリーグ・アン。2位はマルセイユ(勝ち点56)、3位はレンヌ(勝ち点50)となり、この3クラブは来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

そんな中『France Football』は、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて打ち切りとなったリーグ・アンの今季のベストイレブンを選定。

ベストイレブンには、王者となったパリ・サンジェルマンからネイマール、キリアン・ムバッペ、マルコ・ヴェッラッティ、アンヘル・ディ・マリア、チアゴ・シウヴァと最多5名が選出された。

その他、モナコで躍動したウィサム・ベン・イェデルをはじめ、レンヌ躍進の立役者となったエドゥアルド・カマヴィンガ、フェトゥ・マウアサといった選手が選出。

一方で、酒井宏樹が所属する2位のオリンピック・マルセイユからは、誰一人として選ばれなかったことがちょっとした話題となっているようだ。

リーグ・アンベストイレブン

さて、そんなフランスメディア『France Football』選出のリーグ・アンベストイレブンは以下のとおり!

GK▷プレドラグ・ライコビッチ(スタッド・ランス)

RSB▷アマリ・トラオレ(スタッド・レンヌ)
CB▷チアゴ・シウバ(PSG)
CB▷ユニス・アブデルハミド(スタッド・ランス)
LSB▷フェトゥ・マウアサ(スタッド・レンヌ)

CMF▷マルコ・ヴェッラッティ(PSG)
CMF▷エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)
OMF▷アンヘル・ディ・マリア(PSG)

FW▷ネイマール(PSG)
FW▷キリアン・エムバペ(PSG)
FW▷ウィサム・ベン・イェデル(ASモナコ)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑