リーグ・アンが中止を正式発表!PSGが9連覇 酒井は悲願のCLへ

PSGが9連覇 酒井は悲願のCLへ

パリ・サンジェルマン現地時間30日、フランスのリーグ・アンは新型コロナウイルスの影響を受けて政府からスポーツ活動が禁止されたことにより、今季終了が正式決定された。

これにより、2019-20シーズンの最終順位は1試合あたりの勝ち点で決定され、2.52ポイントを獲得していたパリ・サンジェルマン3季連続9回目のタイトルを獲得した。

尚、日本代表DF酒井宏樹が所属するオリンピック・マルセイユは2位となり、パリ・サンジェルマンとともに来シーズンのチャンピオンズリーグの出場権を獲得。

同時に、3位のレンヌがチャンピオンズリーグ予選3回戦への出場資格を手にした。

また、昇降格については入れ替え戦は行われず、リーグ・アンの下位2チームとリーグ・ドゥの上位2チームが入れ替わる使用となる模様。そのため、アミアン、トゥールーズが2部へ降格しロリアンとラシンがリーグ・アンへと昇格。

リーグ・アン最終順位一覧

さて、そんな2019-20シーズンのリーグ・アン最終順位は以下のとおり!(カッコ内は1試合あたりの勝ち点)

1.パリ・サンジェルマン(2.52)
2.オリンピック・マルセイユ(2.00)
3.レンヌ(1.79)
4.リール(1.75)
5.ニース(1.46)
6.スタッド・ランス(1.46)
7.リヨン(1.43)
8.モンペリエ(1.43)
9.モナコ(1.43)
10.ストラスブール(1.41)
11.アンジェ(1.39)
12.ボルドー(1.32)
13.ナント(1.32)
14.ブレスト(1.21)
15.メス(1.21)
16.ディジョン(1.07)
17.サンテティエンヌ(1.07)-
18.ニーム(0.96)
19.アミアン(0.82)
20.トゥールーズ(0.46)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑