RBライプツィヒ対アトレチコ・マドリード【予想とオッズ】

RBライプツィヒ対アトレチコ・マドリードの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)ベット365(bet365)での試合の予想は以下の通りとなっている。

アトレチコ・マドリードがやや優勢のオッズとなっているが、その差は僅か。果たしてベスト4へ進むのはどちらか?興味が尽きない試合となりそうだ。

1引分21引分2
3.503.102.253.403.202.25

※1がRBライプツィヒ
※2がアトレチコ・マドリード
(オッズは日本時間2020年8月13日、午前11現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

チャンピオンズリーグ(以下、CL)準々決勝、RBライプツィヒ対アトレチコ・マドリードの試合が行われる。

すっかりドイツ・ブンデスリーガでは強豪チームとなったライプツィヒ。グループステージは1位で通過し、ラウンド16では、前年度ファイナリストのトッテナム・ホットスパーを撃破してベスト8に駒を進めた。勢いは脅威ではあったがティモ・ヴェルナーが7月にチェルシーに移籍をし、ブンデスリーガ得点ランキング2位のエースを失ってしまい、期待よりも不安が大きくなってしまった。ヴェルナーの穴をこの試合で埋めることができるか。

アトレチコ・マドリードは公式戦18試合無敗のままシーズンを終えている。何と言っても昨年度王者で、今季も圧倒的な強さでイングランド・プレミアリーグを制覇したリヴァプールを劇的な試合の末、ラウンド16で破っている。堅い守備で無駄な失点を許さない試合運びは安定感抜群。4年前の無念(決勝でP.K.で敗退)を晴らす絶好のチャンスとなりそうだ。

ポルトガルでの短期集中開催となったCL決勝トーナメント準々決勝、ライプツィヒ対アトレチコ・マドリードの試合は、どちらがベスト4へ進むか。どちらが勝つにせよドラマティックな結末となりそうだ。

 

直近5試合の戦績は?

ライプツィヒは2勝1敗2分。2引き分けは降格圏内にいるチームとの試合で引き分けで喜べる相手ではない。7得点中3得点は移籍したヴェルナーのもの。ヴェルナーの穴を埋めれるか。最後の試合は6月27日。約1ヶ月半の試合間隔は吉と出るか凶と出るか。

アトレチコ・マドリードは3勝2分け。公式戦18試合負けなしを継続している。3勝は全てクリーンシート。攻撃力も弱いわけでないが、今の強さ守護神ヤン・オブラクを中心とした守備力の賜物と言える。

 

直接対決

ライプツィヒはブンデスリーガ4年目の新興チームではあるが、これからCL常連チームとなりそうだ。この試合は初対決となるが、これから多くのドラマを演じていくだろう。アトレチコ・マドリードとしては出鼻を挫いたい

 

注目の選手!

ライプツィヒのマルセル・ザビッツアーに注目。ブンデスリーガ得点ランキング2位のティモ・ヴェルナーが移籍してしまった。その穴を埋めることは決して簡単なことでない。今までヴェルナーに依存していた得点力ではあるが、それを補ってチーム初のベスト4へ進むには彼の力なしではあり得ない。今季はヴェルナーの陰に隠れながらもブンデスリーガでは9得点を上げた。CLでは7試合に出場して4得点2アシストと存在感は増している、サビッチャーが大ブレークするようだとビックイヤーも夢ではない。

 

CL新興チーム対常連チームの一戦。昨年の準優勝チームを破ってベスト8に駒を進めたライプツィヒが勝つか。昨年の王者リヴァプールに劇的な勝利をしたアトレチコ・マドリーが公式戦無敗を19試合に伸ばすか。興味が尽きない。

CL注目の一戦はスポルディングCPのホーム、エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデで日本時間8月14日(金)、午前4時キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑