RBライプツィヒ対ボルシア・ドルトムント【予想とオッズ】

RBライプツィヒ対ボルシア・ドルトムントの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)ベット365(bet365)での試合の予想は以下の通りとなっている。

ホームのRBライプツィヒがやや優勢のオッズとなっているが、その差は殆どない。勝利の女神はどちらに微笑むか?

1引分21引分2
2.203.602.952.254.002.80

※1がRBライプツィヒ
※2がボルシア・ドルトムント
(オッズは日本時間2020年6月18日、午前9時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

マッチプレビューチェック!

ブンデスリーガ第33節、RBライプツィヒ対ボルシア・ドルトムントの試合が行われる。

第32節にバイエルン・ミュンヘンが8連覇を達成したブンデスリーガ。興味はチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグ出場権、残留争いとなってきた。

ホームのライプツィヒは現在3位だが、まだ来季チャンピオンズリーグの出場権を確定させていない。4位レヴァークーゼンと5位ボルシア・メンヘンヅラードバッハの試合結果云々抜きで、今節勝利をすれば、自力でチャンピオンズリーグ出場権を獲得できる。次節、最終節に持ち込まないためにも今節で決めたいところだ。

対するアウェーのドルトムントは現在2位で、既にチャンピオンズリーグ出場権は確定している。通常ならば消化試合になりそうではあるが、サッカーをできる喜びの中、決してモチベーションが低いとは思えない。目の前の勝点を取りに来るはずだ。

打倒バイエルン・ミュンヘン、ストップ・ザ・ミュンヘンを大目標にしていた両チーム。今年もその夢は実現できなかったが、やはり一つでも順位を上げてシーズンを終えたい。ブンデスリーガ上位チームの試合は最高峰レベルの一戦となりそうだ。

 

直近5試合の成績は?

ライプツィヒは2勝3分と負け無し。3分は全てホームでもの。ホームでは5戦連続ドローを継続中。第19節に負けて以降、13試合連続無敗中だが、ホームで勝てないのは痛い。今季ブンデスリーガにおいてホームで1敗は最小敗戦である。ホームで負けはしないが勝ちきれないライプツィヒといったところか。

ドルトムントは3勝2敗。アウェーでは2戦2勝。4試合前の第29節こそ6得点を奪ったが、それ以外の試合は無得点2試合、1得点2試合と自慢の攻撃陣が影を潜めている。前節は降格争いをしている15位のマインツにクリーンシートで敗戦。攻撃陣の奮起に期待したい。

 

直接対決(過去5試合の成績)

ドルトムントの2勝1敗2分。ホームチームが1勝2敗2分。対戦データ的にはドルトムントに分があるか。

 

注目の選手!

ライプツィヒのティモ・ヴェルナーとドルトムントのアーリング・ハーランドに注目。

ヴェルナーはシーズン前半戦、2年連続リーグ得点王のレヴァンドフスキを上回るペースで快調にゴールを上げた。後半に入りペースを落としたもののレヴァンドフスキの31点に次ぐ26点を記録して2位にランクイン。残り2試合で30点台に乗せて有終の美を飾りたい。

ハーランド は後半戦からチームに加入。ヴェルナーと入れ替わるようにゴールを量産した。デビュー戦でハットトリックを決めるとそれから数々の最速、最年少、最多などの記録を作った。再開後は5試合に出場して2得点とペースダウンしている。ハーランド としては物足りない。もう一度爆発に期待したい。

 

ブンデスリーガ2位と3位の対戦。チャンピオンズリーグ出場権のかかるライプツィヒはホームで久々の勝利と共に出場権を確定したい。ドルトムントも優勝こそ逃したが、残り2試合きっちりと勝利し2位で終わるのが最低限のノルマと言える。

ブンデスリーガ第33節、注目のRBライプツィヒ対ボルシア・ドルトムント戦はライプツィヒのホーム、レッドブルアリーナで日本時間6月20日(土)、午後10時30分キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , , , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑