バイヤー・レヴァークーゼン対バイエルン・ミュンヘン【予想とオッズ】

バイヤー・レヴァークーゼン対バイエルン・ミュンヘンの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)ベット365(bet365)での試合の予想は以下の通りとなっている。

ブンデスリーガ首位バイエルン・ミュンヘンと5位レヴァークーゼンの対決は首位のバイエルン・ミュンヘン優勢のオッズとなっている。果たして結果はどうなるだろうか?

1引分21引分2
5.454.75  1.466.004.751.45

※1がバイヤー・レヴァークーゼン
※2がバイエルン・ミュンヘン
(オッズは日本時間2020年6月2日、午前8時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

ブンデスリーガ第30節の注目の試合、バイヤー・レヴァークーゼン対バイエルン・ミュンヘンの一戦が行われる。

レヴァークーゼンは第29節を終えて勝点56でボルシア・メンヘングラードバッハに並ぶも得失点差で劣り5位にいる。来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得するにはもう全戦必勝で臨むしかない状況だ。
一方の首位のバイエルン・ミュンヘンは8連覇が現実味を帯びてきた。リーグ得点、失点数、ホーム成績、アウェー成績とあらゆる指標の上でも1位と盤石な態勢となっている。このままの勢いで優勝を決めたい。
ブンデスリーガの上位の対戦は目が離せない好ゲーム必至となるだろう。

 

直近5試合の成績は?

レヴァークーゼンは 4勝1敗。13得点を記録しているが、直近2試合は1得点ずつしか上げていない。爆発力が欲しいところだ。守備の方は6失点と安定している。

バイエルン・ミュンヘンは無傷の5連勝。15得点とレヴァンドフスキを中心とした攻撃力は好調そのものだ。守備では5試合中4試合でクリーンシートを達成している。攻守ともに隙がない。

 

直接対決(過去5試合の成績)

バイエルン・ミュンヘンの3勝2敗とやや分があるが、現在レヴァークーゼンが2連勝中。また、3対1での決着が4試合もある。 そして、クリーンシートは一度もない。今回も多くのゴールが生まれそうな予感がする。それがどちらかになるかは先制点にかかってきそうだ。

 

注目の選手!

リーグ再開後、好調なカイ・ハフェルツに注目だ。今シーズン26試合に出場して11得点を記録している。しかも直近の5試合で6得点と、一気にゴールを量産している。今節もゴールが大いに期待でしそうだ。

 

第13,14節に連敗を喫したバイエルン・ミュンヘンだが、それ以降、1引き分けを挟み15連勝中と、このまま一気に連勝を伸ばしたまま優勝を決めそうな勢いである。
逆にレヴァークーゼンは来季ヨーロッパリーグ出場権はほぼ安全圏内だが、チャンピオンリーグ出場権はライプツィヒ、ボルシア・メンヘングラードバッハと三つ巴の様相になってきている。レヴァークーゼンとしては残り試合をバイエルン相手と言えども落とすことはできない。今節以降は下位との対戦が続くので、まさに今節が正念場となりそうだ。
ブンデスリーガ第30節、大注目のバイヤー・レヴァークーゼン対バイエルン・ミュンヘン戦はレヴァークーゼンのホーム、ベイ・アレーナで日本時間6月6日(土)、午後10時30分キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑