マンチェスター・シティ対レアル・マドリード【予想とオッズ】

マンチェスター・シティ対レアル・マドリードの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)ベット365(bet365)での試合の予想は以下の通りとなっている。

マンチェスター・シティが優位のオッズとなっている。チャンピオンズリーグ最多優勝を誇るレアル・マドリードは意地を見せれるか。

1引分21引分2
1.664.404.351.704.504.10

※1がマンチェスター・シティ
※2がレアル・マドリード
(オッズは日本時間2020年8月5日、午後1時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

チャンピオンズリーグ(以下、CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、マンチェスター・シティ対レアル・マドリードの試合が行われる。

優勝候補の筆頭と目されるマンチェスター・シティは決勝トーナメント1回戦ファーストレグをアウェーで勝利を手にした。アウェーゴールを2点奪ってかなり優位な状況にいる。この試合、0−1で負けてもベスト8進出が決まる。圧倒的な攻撃力を誇るが、失点数もリーグ1位のリヴァプールと差がない2位と万全だ。ホームでの戦いだが無理せず堅実な試合運びをしてくることが考えられる。

レアル・マドリードは2月に行われたホーム、ベルナベウでのファーストレグで先制をしながらも逆転負けを喫した。守備の要でありながらラ・リーガ・チーム2位の得点を記録した攻守の要・主将のセルヒオ・ラモスが出場停止となるこの試合は更に苦しい戦いとなりそうだ。

ファーストレグ、アウェーで勝利しているマンチェスター・シティが優位は揺らがなそうだが、何と言ってもCL最多優勝を誇るレアル・マドリードは、どんな状況においても侮れない存在だ。ビッククラブの対決は激しい対戦となりそうだ。

 

直近5試合の戦績は?

マンチェスター・シティは4勝1敗。FA杯準決勝こそ破れたが、プレミアリーグに限れば4戦全勝。スターリング6点、ジェズス3点を含む合計15点を上げている。対戦相手が降格争いをしていた下位チームばかりではあったとはいえ、またアグエロ不在でも攻撃力は相変わらずだ。

レアル・マドリード はラ・リーガを5試合戦い4勝1分。さすが優勝チームで安定はしているが2得点以上の試合がなく圧倒的な強さは見せていない。しかしエースのベンゼマが4得点と好調である。

 

直接対決

2勝2敗1分。CLノックアウトステージに限っても1勝1敗1分と全くの五分。5試合で両チームともに7得点を上げている。実力拮抗がしている。しかしファーストレグを含むここ2試合はマンチェスター・シティが連勝している。

 

注目の選手!

マンチェスター・シティのガブリエル・ジェズスに注目。23才ながらオリンピック、コパ・アメリカ、プレミア・リーグ、FA杯と代表、クラブでタイトルを多く獲得している。しかし、まだビッグイヤーを掲げたことはない。グループステージではハットトリックを達成、ファーストレグでも貴重な同点ゴールを決めた。勢いに乗るストライカーがセカンドレグも大暴れしそうだ。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で再開後は各国のリーグ戦は過密日程となった。CLも同様にタイトなスケジュールとなっている。ファーストレグをアウェーで勝っているマンチェスター・シティとしては無理せず少しでも体力を温存して次のステージに進みたいところだ。レアル・マドリードは不利な状況を打開して勢いに乗って上を目指したい。

CL注目の一戦はマンチェスター・シティのホーム、エティハド・スタジアムで日本時間8月8日(土)、午前4時キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑