マンチェスター・ユナイテッド対アーセナル【予想とオッズ】

マンチェスター・ユナイテッド対アーセナルの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)188ベット(188bet)での試合の予想は以下の通りとなっている。

ホームのマンチェスター・ユナイテッドがやや有利のオッズとなっているが、その差はほんの僅か。結末はいかに。

1引分21引分2
2.043.653.552.043.703.55

※1がマンチェスター・ユナイテッド
※2がアーセナル

(オッズは日本時間2020年10月30日、午前8時時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

イングランド・プレミアリーグ第7節、唯一のビック6の対決となるマンチェスター・ユナイテッド対アーセナルの一戦が行われる。

マンチェスター・ユナイテッドは現在リーグ15位。他チームよりは1試合消化が少ないとは言えまさかの順位にいる。リーグ戦順位、得点数、失点などをみると好材料は見当たらないが、チャンピオンズリーグ・グループステージでは現在リーグ・アン首位のパリ・サンジェルマン、ブンデスリーガ首位のRBライプツィヒに勝利している。また新加入のエディソン・カバーニも前節の対チェルシー戦でデビューを果たしており、移籍後初ゴールを虎視眈々と狙っている。そろそろプレミアリーグでもギアを上げていきたい。

アーセナルは開幕から2連勝を飾り絶好のスタートを切ったが、その後、リヴァプール、マンチェスター・シティ、レスター・シティと強豪クラブに敗戦を喫し11位にいる。ヨーロッパリーグ・グループステージは2連勝しているものの相手は格下感が否めない。ビック6対決に勝って嫌な流れを断ち切りたい。

 

直近の成績は?

マンチェスター・ユナイテッドは、2勝2敗1分。得点9、失点12。ホームでの戦績は2敗1分。今季ホームでリーグ戦の勝ち星はない。リーグ杯、チャンピオンズリーグ・グループステージを含む全公式戦では6勝しているが、ホームでの勝利は1勝のみとなっている。

アーセナルは2勝3敗と負け越している。5得点、7失点。マンチェスター・ユナイテッド同様に得失点差もマイナスに。ここ2試合はレスター・シティ、マンチェスター・シティに0−1と連続でクリーンシートを献上している。5試合中2試合がアウェーで、結果は2連敗中だ。

 

直接対決(過去5試合)

アーセナルの2勝1敗2分けとややリードしている。ホームが2勝1敗2分けと分は良い。過去5試合で2点差以上開いたことがなく、対戦成績的にも差がなく、この試合も僅差の接戦が予想される。

 

注目の選手!

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードに注目。今季マンチェスター・ユナイテッドの公式戦での勝利数は6。ラッシュフォードは、うち5試合でゴールを決めている。直近の10月29日に行われたチャンピオンズ・リーグ・グループステージ対RBライプツィヒ戦では後半途中からの出場し、途中出場では史上最速となる27分間でキャリア初のハットトリックを達成した。ラッシュフォードがゴールを決めればマンチェスター・ユナイテッドの勝利もぐっと近づくはずだ。プレミアリーグでは波に乗れないでいるチームを救うのはラッシュフォードしかいない。

 

イングランド・プレミアリーグ第7節、唯一のビック6の直接対決となったマンチェスター・ユナイテッド対アーセナルは、調子を上げてきているマンチェスター・ユナイテッドが今季リーグ戦ホームでの初白星を上げることができるのか。今季アウェーを苦手にしているアーセナルが意地を見せるのか。今節大注目の一戦はマンチェスター・ユナイテッドのホーム、オールド・トラフォードで日本時間11月2日(日)、午前1時30分キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑