遂にリヴァプールでデビューを果たした南野【地元紙、監督の評価は?】

合流5日で即スタメン出場の南野

南野拓実現地時間5日、世界王者リヴァプールはFAカップ3回戦でエヴァートンとのマージーサイドダービーに挑んだ。

アンフィールドのピッチに、今冬ザルツブルクから新加入した南野拓実が登場。アダム・ララーナ、ティポック・オリギ等とともに先発出場を果たした。

ヘディングシュートでスタンドを沸かせるシーンもあったが、チャンスを決めきれず大きなインパクトを残せず70分で途中交代。

試合前プレビュー

南野拓実の記念すべきリヴァプールデビュー戦を、現地メディアはどのように捉えているのだろうか…?

リヴァプールの地元紙『リヴァプール・エコー』は、「タクミミナミノ、イングランドのフットボールへようこそ」と見出しをつけてこのようにレポートした。

「タクミミナミノは火のような洗礼を受け、マージーサイド・ダービーの熱に投げ込まれた。ピッチではロベルト・フィルミーノの役割で、チームのライン間をリードすることを求められていた。ミナミノは断続的に輝き、彼のポストプレーは有望なものだった。推薦できる選手だろう」

地元紙のライターであるイアン・ドイル氏の目には非常にポジティブな印象に映ったようだ。

シアラーからは辛口評価 しかし指揮官からは…

元イングランド代表のアラン・シアラーからは、「この内容ではスターティングメンバーに入ることはかなり難しいだろう」と辛口評価を受けていたが、肝心なユルゲン・クロップの評価はどうだったのだろうか?

以下、試合後のクロップのコメント。

「タクミはスーパーだ。まさに傑出している。彼のようなは我々が欲した選手であり、待ち望んでいた選手だ」

デビュー戦で目に見える結果は残せなかった。だが、そのパフォーマンスは指揮官に一定の満足感を与えるものだったようだ。

さて、現地時間11日にはトッテナム・ホットスパーとのリーグ戦を迎えるリヴァプールだが、はたしてこのビッグマッチで日本代表FWがピッチに立つことはあるのだろうか…?

ベッティングトップ10では、リヴァプールの注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑