日本人の最新市場価値発表 コロナウィルスの影響により軒並み大幅ダウン

中島、久保、南野等揃って大幅下落

南野拓実現地時間8日、ドイツメディア『transfermarkt』は全世界のプロフットボーラーを対象に「最新推定市場価格」をランキング形式で発表。

今回は、日本人選手にスポットを当てて、各選手の市場価値と全体のランキングをチェックしてみよう。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、すべての選手の市場価格が大幅に下落している昨今。

この1年近く推定市場価格で一位を維持してきたポルトの中島翔哉だが、2000万ユーロ(約25億円)から1600万ユーロ(約20億円)となり、2割も下落した。

近年評価を上げてきた東京オリンピック世代の冨安健洋(ボローニャ)と久保建英(マジョルカ)も、1500万ユーロ(約18億7500万円)から1350万ユーロ(約17億円)にダウン。

冬に、レッドブル・ザルツブルクから世界王者リヴァプールへ移籍した南野拓実でさえ、1250万ユーロ→1000万ユーロ(約12億5000万円)と大幅に下がった。

推定市場価格ランキングトップ10

さて、そんな『transfermarkt』が換算した全日本人選手の最新「推定市場価格ランキング」トップ10は以下のとおり!

1位▷中島翔哉(ポルト)▷2000万ユーロ→1600万ユーロ(約20億円)
2位▷冨安健洋(ボローニャ)▷1500万ユーロ→1350万ユーロ(約17億円)
2位▷久保建英(マジョルカ)▷1500万ユーロ→1350万ユーロ
4位▷南野拓実(リバプール)▷1250万ユーロ→1000万ユーロ(約12億5000万円)
5位▷鎌田大地(フランクフルト)▷1000万ユーロ→800万ユーロ(約10億円)
6位▷堂安▷律(PSV)▷800万ユーロ→630万ユーロ(約7億8000万円)
7位▷酒井宏樹(マルセイユ)▷800万ユーロ→550万ユーロ(約6億8000万円)
7位▷武藤嘉紀(ニューカッスル)▷700万ユーロ→550万ユーロ
9位▷伊東純也(ヘンク)▷550万ユーロ→450万ユーロ(約5億6250万円)
10位▷吉田麻也(サンプドリア)▷500万ユーロ→400万ユーロ(約5億円)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑