新型コロナウィルスによる欧州各国試合の日程変更、無観客開催一覧

スペイン、ドイツでも無観客試合へ

無観客試合新型コロナウィルスにより、各国ヨーロッパサッカーは無観客での試合開催、もしくは試合延期、中止といった対策を強いられている。

ヨーロッパ大陸で最も多い1万人以上の感染者が出ているイタリアでは、4月3日までサッカーに限らず全てのスポーツイベントを休止することを発表。

それに伴い、セリエAは延期が決定した。また、イタリアクラブが参加するチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグのゲームでも欧州サッカー連盟の決定を待つという状況だ。

その他、感染者1000人を超えたフランス、ドイツ、スペインでは無観客での試合開催が決定。

ラ・リーガサンタンデールに関しては、1部と2部の全試合を少なくとも今後2週間にわたって無観客で開催されることが正式に決まった。
また、ブンデスリーガ、リーグ・アンも無観客での試合が決定。

現時点では感染者数約400人にとどまっているイギリスでも、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグに参戦するチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドの試合が無観客開催になる模様。

無観客試合、延期、中止となる主な試合一覧

さて、新型コロナウイルスの感染拡大により無観客試合が決定された各国主要ゲームは以下のとおり。

チャンピオンズリーグ

決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)セカンドレグ
バレンシア対アタランタ(3月10日)
パリ・サンジェルマン対ドルトムント(3月11日)
ユヴェントス対リヨン(3月17日)
バルセロナ対ナポリ(3月18日)
バイエルン対チェルシー(3月18日)

ヨーロッパリーグ

決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)ファーストレグ(3月12日)
インテル対ヘタフェ
ヴォルフスブルク対シャフタール
LASK対マンチェスター・U
オリンピアコス対ウルヴァーハンプトン
セビージャ対ローマ

リーガ・エスパニョーラ

・主な対象試合
第28節(13~15日開催)
レアル・マドリード対エイバル(3月13日)
マジョルカ対バルセロナ(3月14日)
アスレティック・ビルバオ対アトレティコ・マドリード(3月15日)

第29節(20~22日開催)
レアル・マドリード対バレンシア(3月21日)
エイバル対アスレティック・ビルバオ(3月21日)
ビジャレアル対マジョルカ(3月22日)
バルセロナ対レガネス(3月22日)

ブンデスリーガ

・主な対象試合
延期分の第21節
ボルシアMG対ケルン(3月11日)

第26節
デュッセルドルフ対パーダーボルン(3月13日)
ドルトムント対シャルケ(3月14日)
ケルン対マインツ(3月14日)
ホッフェンハイム対ヘルタ・ベルリン(3月14日)
ブレーメン対レヴァークーゼン(3月16日)

リーグ・アン

・主な対象試合
第29節
モンペリエ対マルセイユ(3月14日)
ストラスブール対ディジョン(3月14日)
パリ・サンジェルマン対ニース(3月15日)

第30節
サンテティエンヌ対ストラスブール(3月22日)
マルセイユ対パリ・サンジェルマン(3月22日)

第31節
パリ・サンジェルマン対メス(4月5日)
ストラスブール対アンジェ(4月5日)
スタッド・ブレスト対マルセイユ(4月5日)

第32節
アンジェ対パリ・サンジェルマン(4月11日)
マルセイユ対ディジョン(4月11日)
ニース対ストラスブール(4月11日)

セリエA(中止)

主な対象試合
第27節
ボローニャ対ユヴェントス
レッチェ対ミラン
アタランタ対ラツィオ
ローマ対サンプドリア

第28節
ラツィオ対フィオレンティーナ
サンプドリア対ボローニャ
ユヴェントス対レッチェ
ミラン対ローマ
パルマ対インテル

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑