リヴァプールが30年ぶりプレミア優勝!ここまでわずか1敗で昨季雪辱を晴らす

30年ぶりのプレミアリーグ制覇

バジル・ファン・ダイク現地時間25日、イングリッシュ・プレミアリーグ「チェルシー対マンチェスター・シティ」の一戦で、2位マンチェスター・シティが敗れたことにより、首位リヴァプールの優勝が決定した。

1989/90シーズン以来、30年ぶりのプレミアリーグ制覇を成し遂げたリヴァプール。1992年に現行のプレミアリーグが創設して以降、記念すべき最初のリーグタイトル獲得となる。

リヴァプールは、現地時間24日に行われたクリスタル・パレス戦で4-0の勝利。敗れたマンチェスター・シティに残り試合で逆転される可能性が無くなったことから、7試合を残しての優勝決定となった。

これにより、冬のマーケットでレッドブル・ザルツブルクからリヴァプールへ加入した南野拓実は、日本人4人目のプレミアリーグ優勝経験者に。

ちなみに、これまでに2001/02シーズンに稲本潤一(アーセナル)、2012/13シーズンに香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)、2015/16シーズンに岡崎慎司(レスター・シティ)がプレミアリーグ制覇を達成している。

5年目で栄冠達成のクロップ

優勝決定に指揮官ユルゲン・クロップは、地元スカイスポーツのインタビューで涙を流しながら以下のようにコメント。

「言葉にならない。信じられない。このクラブでチャンピオンになれたのは本当に素晴らしいこと。感激している。こんな感情が沸くとは思わなかった」

また、守備の要であるバジル・ファン・ダイクも「本当に信じられない。凄いシーズンだったよ。僕たちは途方もないことをやってのけたんだ」と喜びをかみしめた。

続けて、「このクラブの一員になって、この旅路の一因になれてとても満足している。自分をプレミアリーグのチャンピオンと言えることを誇りに思う」とコメント。

昨シーズンはマンチェスター・シティに勝ち点1差及ばず2位と涙を飲んだが、チャンピオンズリーグ、クラブワールドカップ制覇と自信を得て、今季はたったの1敗でプレミアリーグ制覇を成し遂げた。

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑