英紙発表のユニークなランキングが話題 プレミアリーグで最も○○が強いのは…

ユニークなランキングが話題

ユルゲン・クロップ欧州では新型コロナウイルスの影響で欧州5大リーグはすべてが中断となっている中、イギリスメディア『ガーディアン』の記者を務めるジョナサン・リュー氏が発表したあるランキングが話題となっている。

そのランキングは、プレミアリーグのクラブを指揮する監督で「喧嘩が強そうランキング」という内容だ。

サッカーリーグが中断していることもあり、、明らかに暇つぶしの一環ともとれるニュースだが、その「喧嘩が強そうランキング」で映えある一位に選ばれたのはワトフォードのナイジェル・ピアソン監督だった。

2位には、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズのヌーノ・サント、3位にはバーンリーFCのショーン・ダイヒ、4位にはサウザンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットルと続いた。

一方で、ジョゼ・モウリーニョ、ペップ・グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、オーレ・グンナー・スールシャールといった上位クラブの指揮官は軒並み下位となった。

プレミアリーグ喧嘩が強そうな監督ランキング

さて、そんなイギリスメディア『ガーディアン』の記者を務めるジョナサン・リュー氏が発表した「プレミアリーグ喧嘩が強そうな監督ランキング」一覧は以下のとおり!

1位▷ナイジェル・ピアソン(ワトフォード)
2位▷ヌーノ・サント(ウォルヴァーハンプトン)
3位▷ショーン・ダイヒ(バーンリー)
4位▷ラルフ・ハーゼンヒュットル(サウサンプトン)
5位▷ダニエル・ファルケ(ノリッジ)
6位▷クリス・ワイルダー(シェフィールド)
7位▷ディーン・スミス(アストン・ヴィラ)
8位▷エディー・ハウ(ボーンマス)
9位▷ブレンダン・ロジャース(レスター)
10位▷デビッド・モイーズ(ウェスト・ハム)
11位▷スティーブ・ブルース(ニューカッスル)
12位▷ユルゲン・クロップ(リヴァプール)
13位▷ミケル・アルテタ(アーセナル)
14位▷グレアム・ポッター(ブライトン)
15位▷ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム)
16位▷フランク・ランパード(チェルシー)
17位▷ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)
18位▷カルロ・アンチェロッティ(エヴァートン)
19位▷ロイ・ホジソン(クリスタル・パレス)
20位▷オーレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑