PSG戦控えるレアル ロナウドがハットトリックで復調の兆し?

PSG戦を前にロナウドがハットトリック達成

クリスティアーノ・ロナウド現地時間10日、スペイン・リーガ・エスパニョーラ第23節が行われ、王者レアル・マドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでレアル・ソシエダと対戦した。

レアル・マドリード指揮官ジネディーヌ・ジダンは、エースストライカーでポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元フランス代表のカリム・ベンゼマ、スペイン代表マルコ・アセンシオ、クロアチア代表ルカ・モドリッチ等を起用。

ウェールズ代表ギャレス・ベイル、スペイン代表イスコはベンチスタートとなった。

対するレアル・ソシエダも、セルヒオ・カナレス、元レアルのアシエル・イジャラメンディ、シャビエル・プリエト、アルベルト・デ・ラ・ベッラ等ベストメンバーが名を連ねた。

試合は開始50秒足らで動く。クリスティアーノ・ロナウドのクロスに、ルーカス・バスケスがヘディングで詰めて、ホームのレアル・マドリードが幸先よく先制に成功。

25分には、今度はクリスティアーノ・ロナウド自らマルセロのラストパスを押し込んであっという間に2-0とする。

キックオフ直後から勢いが止まらないレアル・マドリードは、34分にトニ・クロース、36分にクリスティアーノ・ロナウドがこの日2点目をマークして前半だけで4点リードを奪い試合の行方をほとんど決定づけてしまった。

さらには試合終盤に途中出場のギャレス・ベイルが放ったシュートのこぼれ球を三度クリスティアーノ・ロナウドが押し込んで、5ゴール目。クリスティアーノ・ロナウド個人としても、今シーズンリーグ戦初となるハットトリックを達成した。

最後にアシエル・イジャラメンディに得点を許したものの、結局レアル・マドリードは5-2と圧倒的な力の差を見せつけてレアル・ソシエダに大勝。

ミッドウィークに開催されるチャンピオンズリーグ決勝トーナメントファーストレグのパリ・サンジェルマン戦に向けて、エースが復調の兆しを見せたことはポジティブな結果だが、一方守備面では7試合連続失点と不安を残す結果となっている。
レアル・マドリードは、ネイマール、エディンソン・カバーニ等擁するパリ・サンジェルマン相手にどんなサッカーを展開するだろうか。注目必至だ。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑