スペイン紙発表「来季のレアル・マドリード予想メンバー」に久保が堂々選出!

CMFはモドリッチでもバルベルデでもなく…

久保建英スペインメディア『アス』が、レアル・マドリードの2020-21シーズンのベストイレブンを予想した。同ベストイレブンが現実のものとなれば、久保建英はマルティン・エーデゴーアらと共にレアル・マドリードでスタメンに…?

ラ・リーガサンタンデール、首位バルセロナと勝ち点2差で2位につける「白い巨人」ことレアル・マドリード。

スペインメディア『アス』は、「失われた幻想を多くの新顔で取り戻すチーム。2020-21シーズン、レアル・マドリーの可能なイレブン」と見出しを打って、現在レンタル中の選手も含めた白い巨人のベストイレブンを構築した。

フォーメーションは4-3-3。既存のレアル・マドリードメンバーからは、ティボー・クルトワ、ラファエル・バラン、セルヒオ・ラモス、カゼミーロ、マルコス・アセンシオ、カリム・ベンゼマが選ばれた。

また、ヴィニシウス・ジュニオールとロドリゴ・ゴエスの二人の若きブラジル人FWが、アタッカーの1枠を争うと予想。

注目のその他のレンタル選手では、サイドバックにはそれぞれレンタル中のアクラフ・ハキミとセルヒオ・レギロンが配置された。

また、インサイドハーフはルカ・モドリッチでもトニ・クロースでもフェデリコ・バルベルデでもなく、久保建英とマルティン・エーデゴーアが選出されている。

2020-21シーズンレアル・マドリー予想イレブン

さて、そんな注目の「失われた幻想を多くの新顔で取り戻すチーム。2020-21シーズン、レアル・マドリーの可能なイレブン」一覧は以下のとおり!

  • GK
    ティボー・クルトワ
  • DF
    アクラフ・ハキミ(ドルトムント)
    ラファエル・バラン
    セルヒオ・ラモス
    セルヒオ・レギロン(セビージャ)
  • MF
    久保建英(マジョルカ)
    カゼミーロ
    マルティン・エーデゴーア(ソシエダ)
  • FW
    マルコ・アセンシオ
    カリム・ベンゼマ
    ロドリゴ・ゴエス or ビニシウス・ジュニオール

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑