欧州5大リーグの再開時期

新型コロナウイルスの影響で各国のリーグ戦は3月中旬以降の中断を余儀なくされている。いまだ新型コロナウイルスの感染拡大は収まっていないが、少しずつ再開へ向けたニュースが増えてきた。今回はヨーロッパ5大リーグの再開予定時期をまとめてみた。

イングランド・プレミアリーグ

英スカイスポーツによると6月8日に無観客試合で再開し、5週間で残りのシーズンを完了するプランを考えていると報じた。

しかし現状では感染拡大は収まっていないイギリスだけに決定の判断が出るかはまだまだ未定。

 

スペイン・リーガエスパニョーラ

スペイン紙「マルカ」は、5月4日または11日からチーム練習再開、6月6日からのリーグ戦再開、7月末までにリーグ戦を終了させる案が検討しているようだと伝えた。スペインでは非常事態宣言がなおも出されていて保健省からのゴーサインが再開の条件となる。

 

イタリア・セリエA

イタリアサッカー連盟のガブリエレ・グラビーナ会長は、ロックダウン解除予定の5月4日にチーム練習を再開し5月下旬から6月上旬のリーグ戦再開に意欲を示しているとイタリアの国営放送の番組内で語った。イタリア・スポーツ相、保健相などは慎重な姿勢をみせているので、政府からのストップが出る可能性もありそうだ。

 

ドイツ・ブンデスリーガ

ドイツ紙「ビルト」によると、ドイツサッカー連盟(DFB)は5月9日に競技を再開する案に大筋で同意したという。バイエルン・ミュンヘンは政府が定めた隔離期間が終了後の4月6日より少人数での練習を再開している。各チーム、リーグ戦再開に向けた準備が徐々に進んでいるようだ。しかし、再開には州および保健当局の許可が必要となるため、まだ決定ではない。

 

フランス・リーグアン

フランス紙「レキップ」は6月17日からのリーグ戦の再開を計画しているようだと伝えた。無観客試合を3日毎に行い7月25日のリーグ戦終了を念頭に置いているとも報じている。フランスでは外出禁止令が5月11日までとなっている。それを見据えての6月17日再開なので、規制が延長となると再開はさらに先延ばしになると思われる。

 

 

ドイツが他国に先立ち5月に再開、6月上旬にはイングランド、スペイン、イタリア、フランスが再開を予定(検討)している。もしも再開しても今季は各国無観客試合で行われると考えられる。
コロナウイルスの感染拡大は終息していないので、更なる延期やベルギーリーグのようにこのまま今季が終了となることも考えられる。安全面を第一に考慮して是非ともサッカーのある日常が戻って欲しいと願うばかりだ。

 

ベッティングトップ10では、ブンデスリーガが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , , , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑