USサッスオーロ対ACミラン【予想とオッズ】

USサッスオーロ対ACミランの2大ブックメーカーのオッズは?

大手ブックメーカーサイトの10ベット(10bet)188ベット(188bet)での試合の予想は以下の通りとなっている。

首位に立つACミランの有利なオッズとなっているが、今季好調のホームのサッスオーロは勝機を見出せるか。

1 引分 2 1 引分 2
3.60 4.00 1.83 3.65 3.95 1.83

※1がUSサッスオーロ

※2がACミラン

(オッズは日本時間2020年12月17日、午後6時現在)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

 

マッチプレビューチェック!

イタリア・セリエA第13節の好カード、USサッスオーロ対ACミランの試合が行われる。

ホームのサッスオーロは2013-2014シーズンに初めてセリエAに昇格すると、以降7年間、一度も降格せずにセリエAでの戦いを続けている。しかし優勝争いには程遠く2桁順位が指定席となっていた。迎えた今シーズンは、開幕から8試合連続無敗という絶好のスタートを切り、一時は首位争いに加わっていた。第9節で初黒星を喫した後も手堅い戦いを披露し現在5位と今季セリエAの台風の目となっている。首位ACミランを下して再度浮上したい。

アウェーのACミランは今シーズン絶好調。リーグ戦12試合を終えていまだ無敗を続けている。復調のキーマンは大ベテラン・ズラタン・イブラヒモビッチと言って他ならない。すでに10ゴールをマークして得点ランキングのトップを快走中。しかし第9節から負傷欠場となっている。イブラヒモビッチの復帰まで無敗を継続できるよう持ち堪えたい。アウェーでの今季の戦績は5勝1分と得意としている。

 

直近5試合の成績は(セリエA)?

サッスオーロは2勝1敗2分。第9節で今季初黒星を喫したが、その後は1勝2分。連敗をせずに確実に勝ち点を積み重ねている。負けたインテル・ミラノ戦こそ3失点したが、その他はクリーンシート3試合、1失点が1試合と堅実な戦いをしている。

ACミランは3勝2分。直近2試合は引き分けだが、試合終盤に同点に追いついての価値あるドローとなっており、簡単に負けない強さがある。イブラヒモビッチが離脱しても負けないACミランの強さは本物になりつつあるか。

 

直接対決(過去全試合)

2013-2014シーズンにサッスオーロがセリエAに昇格してから公式戦で15回の対戦がある。戦績はACミランが9勝4敗2分とリードしている。1試合の平均ゴール数はサッスオーロ1.33点、ACミラン1.80点と勝敗以上に僅差となっている。サッスオーロはホームで現在対ACミラン4連敗中、また8試合勝ち星から遠ざかっている。

 

注目の選手!

サッスオーロのマヌエル・ロカテッリに注目したい。ユース世代をACミランで過ごし、プロデビューもACミランで飾ったロカテッリは、2018-2019シーズンからサッスオーロに加入するとレギュラーを獲得し、今季もここまで全試合スタメン出場を果たし2ゴールを決め、サッスオーロの躍進を支えている。8月にはイタリア代表にも召集されデビューを果たしている。古巣相手にロカテッリが躍動するのは間違いない。

 

首位の好調ACミランをホームに迎え撃つサッスオーロは、ACミランから大金星を挙げて、優勝争いに1節でも長く加わっていたい。一方のACミランはズラタン・イブラヒモビッチの今節からの復帰も噂されている。それを追い風に首位固めを磐石としたい。

セリエA第13節、注目の一戦はサッスオーロのホーム、マペイ・スタジアムで日本時間12月20日(日)、午後11時00分キックオフ!!!

 

▲ ブックメーカーのオッズは…?

Tags: , ,


About the Author

スポーツ好きが高じて大学(ロサンゼルス)では体育学を専攻。好きなスポーツはサッカー、野球、競馬を中心に 何でも興味あり。ラスベガスが最寄りだったのが縁でスポーツベットの世界にハマり早20年超。ベッティングトップ10では1番の新米ですが先輩から学びつつ、有意義な情報を提供していきたいと思います。




Back to Top ↑