久保建英にアーセナル行き浮上!ジダンはすでにOKサイン?

久保建英にアーセナル行き急浮上

久保建英現地時間31日、スペインメディア「Don Balon」は、「ロンドンのクラブは久保建英に狙いを定めている」と題してラ・リーガサンタンデールマジョルカSADに所属する日本代表MF久保建英にプレミアリーグアーセナルへの移籍の可能性があることを伝えている。

コパ・アメリカ終了後の昨夏に、FC東京からラ・リーガサンタンデール強豪レアル・マドリードへ完全移籍した久保建英。

ジネディーヌ・ジダンのもとで、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ、アウディカップといった開幕前の大会に出場したのち、同リーグのマジョルカへ期限付き移籍していた。

マジョルカでは、ここまでリーグ戦24試合に出場し、3ゴール3アシストと同年代の中では飛び抜けた成績を残している。

そんな日本の若き至宝に白羽の矢を立てているのが、イングリッシュ・プレミアリーグ強豪アーセナルだ。

昨日、スペインメディア「Don Balon」は、「アーセナルがマドリードの若手スターを欲しがっており、交渉している」と驚きの一報を伝えた。

アーセナルのエースストライカーであるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンにレアル・マドリード移籍の噂がある一方で、指揮官ミケル・アルテタは久保建英の獲得を希望しているようだ。

両者の移籍は現実味が大きい…?

オーバメヤンとガナーズの契約は2021年6月のため、契約の切れ目まで1年。そうした背景もあり、ガボン代表FWのレアル・マドリード加入は非常に現実味がある。

それと同時に、マジョルカで武者修行中の久保建英のプレミアリーグデビューも実現する可能性がある。

「Don Balon」は、「久保は成長を続けている。マドリードの計画は、その成長を継続させるために強豪チームへ引き渡すことだ。ジダン監督もこれに同意した」と報じているが、レアル・マドリード、アーセナル、そして久保の今後の動向に目が離せない。

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑