久保の来季の新天地は…?スペイン11クラブに加えラツィオ、アヤックス等熱視線

2020-21シーズンの新天地の行方は…?

久保建英ラ・リーガサンタンデールでの初年度を終えた久保建英の、来季新天地の行方がヨーロッパサッカー市場で話題となっている。

2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ加入した久保。シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間の期限付き移籍が決定。

その後、ラ・リーガサンタンデール第13節ビジャレアル戦で待望のスペイン初ゴールをマークすると、リーグ再開後は攻撃の主軸としてフル稼働。リーグ戦35試合に出場して4ゴール4アシストと10代選手の中で飛び抜けた成績を残した。

さて、そんなマジョルカSADは残念ながら2部降格となり、久保建英の1年間のレンタル期間も満了。注目なのは、久保の2020-21シーズンの新天地だ。

そんな中、レアル・マドリードの専門メディア「Defensa Central」は、久保建英にラ・リーガサンタンデールの11クラブが去就に関与していることを報じている。

以下、Defensa Centralの久保の去就に対するレポート。

「マジョルカにレンタルされたタケフサ・クボはスペイン市場の関心を高めた。レアル・マドリードは日本人の将来について考えており、最良の選択肢はスペインにあると信じている。一方では、久保はヨーロッパの大会に出場するいくつかのチームとはレンタル移籍で合意するのを厭わない構えがある。」

スペイン11クラブをはじめ欧州各国が熱視線

その11クラブは、岡崎慎司が所属するウエスカをはじめ、来季のヨーロッパリーグへの出場権を持つグラナダ、レアル・ソシエダ、オサスナ、ウエスカ、ベティス、レバンテ、セルタ、バジャドリード、ヘタフェ、さらには来季のチャンピオンズリーグへの出場権を保有するセビージャFCとなっている。

その他、エールディビジのアヤックスをはじめ、リーグ・アンのパリ・サンジェルマン、セリエAのラツィオ、ミランなどビッグクラブの名前も上がるが、果たして来季はどの色のユニフォームを着てプレーすることになるのだろうか。今後の去就に目が離せない。

現時点では、オサスナ、セルタ・デ・ビーゴの2クラブがリードしているという報道も…?

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑