南野がプレミアリーグ初先発!前半終了で無念の途中交代も一定の存在感

フィルミーノと好連携を見せたが…

南野拓実

現地時間21日、イングリッシュ・プレミアリーグ第30節が行われ、首位リヴァプールがエヴァートンとのマージーサイド・ダービーに挑んだ。

この一戦で、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、バジル・ファン・ダイク等とともにプレミアリーグ初スタメンを飾った日本代表FW南野拓実。

右ウィングに名を連ねると、積極的にミドルシュートを放つなど存在感を発揮した。また、ロベルト・フィルミーノ、ジョーダン・ヘンダーソン等とのコンビネーションで攻撃の起点になるシーンも見られた。

しかしながら、ハーフタイムで無念の途中交代を命じられた南野。交代で入ったアレックス・オックスレイド・チェンバレンが積極果敢にドリブル突破で違いを見せた。

地元紙『リバプール・エコー』は、ユルゲン・クロップ監督の試合後のインタビューを掲載し、南野拓実の交代についても以下のように言及されている。

「5人交代できるんだから、すべて使ってみたいものだ。タキ(南野拓実)は序盤は難しそうだったが、ちゃんと試合に入れていたよ」

「今日の先発11人が90分間プレーして、水曜日のクリスタル・パレス戦でもう一度先発させたら、それは本当に問題だ。中断期間を経た後に過密日程で2試合をやることを甘く見てはいけない。問題が発生する前に考えなければいけない」

南野に厳しい採点を下したメディアも

加えて『リバプール・エコー』は、マージーサイド・ダービーでの南野に対して及第点の「6」を与えており、「常にパスを求めて走り続けた。MFアンドレ・ゴメスからボールを奪い、ロベルト・フィルミーノのカウンターにつなげてみせた」とレポートしている。

対してイギリスメディアイブニング・スタンダード』の記者デビッド・リンチ氏や、リヴァプールOBのキャラガー等は、モハメド・サラーと比較した上で南野に対して厳しい評価を下している。

ミッドウィークはクリスタル・パレスとの一戦を控えているが、南野拓実は二戦連続のスタメンを飾ることはできるだろうか?リーグ戦初ゴールで優勝へと導く姿が見たい。

ベッティングトップ10では、プレミアリーグの注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑