「日本キラー」ケーヒルが自身のキャリアを振り返る 最も印象に残っているのは…

エバートン加入初年度は4位

ティム・ケーヒル長らく「サッカルーズ」ことオーストラリア代表のエースとし躍動したティム・ケーヒルは、イギリスメディア『スカイ・スポーツ』の番組『Soccer AM』で自身のキャリアについてインタビューに答えた。

オーストラリアのシドニー・ユナイテッドでプロサッカーの門を叩いたティム・ケーヒル。
1997年7月にはイングランド、ミルウォールへ移籍し、その後エヴァートンで長らく活躍した。

その後は、アメリカのメジャーリーグ・サッカーニューヨーク・レッドブルズ、中国スーパーリーグの上海申花、杭州緑城を経て、母国オーストラリアに戻りメルボルン・シティでプレー。

その後古巣のミルウォールを挟んで、インドのジャムシェードプルFCで2019年4月に現役を退いた。

そんなオーストラリアの英雄は、『Soccer AM』のインタビューにて、キャリアのハイライトについて自己分析した。

「ミルウォールの話だと、当時2部から昇格した。エバートンでは、初めてのシーズンでプレミアリーグ4位になったね」

2006年W杯では日本戦で圧巻2G1A

また、ティム・ケーヒルを語る上でオーストラリア代表でのワールドカップの活躍は外せない。

「オーストラリア代表でのキャリアを見れば、ワールドカップでオーストラリア代表の初ゴールを決めたことかな。オーストラリア人として4度のワールドカップで5つのゴールを決めた。子供たちが夢を追うことを助けることは、僕にとって大きな意味がある。」

2006年のドイツ・ワールドカップでは、同じグループに入った日本代表から圧巻の2ゴールを奪うなど、日本人にとっても強く印象に残るプレイヤーでもある。

「僕はプロサッカー選手になることは決してないと言われて育ってきた子供だった。だから、これを見ているみんな、夢を追い続けよう」

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑