スパーズのレジェンドTOP10発表!モドリッチ、ベイル等の順位は…?

モドリッチ、ベイルを抑えて首位に輝いたのは…

ハリー・ケイン現地時間16日、デイリー・テレグラフ紙のマット・ロウ記者が「2000年以降のチームの勝利や発展、タイトルの獲得、クオリティーアップにどれだけ大きく貢献したか」という選定基準で、「トッテナム・ホットスパーのレジェンドTOP10」を発表した。

ルカ・モドリッチ、ギャレス・ベイル、クリスティアン・エリクセンなど錚々たる面々が顔をそろえたランキングの第一位に輝いたのは、イングランド代表FWハリー・ケインだ。

14―15シーズンから4季連続で20ゴールを達成しているケイン。スパーズの象徴的選手であるとともに、スリーライオンズのエースとしてもロシアワールドカップで得点王を獲得した。

ケインに続いたのは、2013年以降攻撃のタクトを振り続けたクリスティアン・エリクセン。
なお、3番手には左ウイングとして大ブレイクしたギャレス・ベイルがランクインした。

ちなみに、現レアル・マドリード10番のルカ・モドリッチは意外にもトップ3から漏れて4位となっている。

トッテナム・ホットスパーのレジェンドTOP10一覧

さて、そんなデイリー・テレグラフ紙のマット・ロウ記者が発表した「トッテナム・ホットスパーのレジェンドTOP10」は以下のとおり!

1位▷ハリー・ケイン(イングランド代表FW)
所属期間▷2011年1月~
公式戦通算成績▷278試合・181得点・30アシスト
補足:現所属選手
補足:5年以上在籍

2位▷クリスティアン・エリクセン(デンマーク代表MF/現インテル=ITA)
所属期間▷2013年8月~2020年1月
公式戦通算成績▷305試合・69得点・89アシスト
補足:5年以上在籍

3位▷ガレス・ベイル(ウェールズ代表FW/現レアル・マドリー=SPA)
所属期間▷2007年7月~2013年9月
公式戦通算成績▷203試合・56得点・58アシスト
補足:5年以上在籍

4位▷ルカ・モドリッチ(クロアチア代表MF/現レアル・マドリー=SPA)
所属期間▷2008年7月~2012年8月
公式戦通算成績▷160試合・17得点・27アシスト

5位▷レドリー・キング(元イングランド代表DF)
所属期間▷1998年7月~2012年7月
公式戦通算成績▷317試合・12得点・3アシスト
補足:10年以上在籍
補足:ワンクラブマン

6位▷ディミタール・ベルバトフ(元ブルガリア代表FW)
所属期間▷2006年7月~2008年9月
公式戦通算成績▷102試合・46得点・24アシスト

7位▷ロビー・キーン(元アイルランド代表FW)
所属期間▷2002年8月~2008年7月、2009年2月~2011年8月
公式戦通算成績▷302試合・121得点・24アシスト
補足:5年以上在籍

8位▷ジャーメイン・デフォー(元イングランド代表FW)
所属期間▷2004年2月~2008年1月、2009年1月~2014年2月
公式戦通算成績▷361試合・143得点・31アシスト
補足:5年以上在籍

9位▷ヤン・ヴェルトンゲン(ベルギー代表DF)
所属期間▷2012年7月~
公式戦通算成績▷311試合・14得点・7アシスト
補足:現所属選手
補足:5年以上在籍

10位▷ラファエル・ファン・デルファールト(元オランダ代表MF)
所属期間▷2010年8月~2012年8月
公式戦通算成績▷77試合・28得点・18アシスト

ベッティングトップ10では、プレミアリーグが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑