アジア人推定市場価格ベスト10発表 日本から最多4名選出

日本から最多4名選出

中島翔哉イギリスメディアメディア『90min』は、ドイツの移籍情報サイト『Transfermarkt』のデータを参照し、アジア人プレーヤーの“推定市場価格”ベスト10を発表した。

1位はもはや言うまでもないが、トッテナム・ホットスパーに所属する韓国代表FWソン・フンミンだ。推定市場価格は6400万ユーロ(約80億円)と、第二位の中島翔哉(ポルト/日本代表)に60億円の差をつけてダントツトップとなっている。

3位には、アジアカップ2019準決勝でも日本代表が対峙したサルダル・アズムン(ゼニト/イラン代表)で1450万ユーロ(約18億1250万円)。

ちなみに、日本人では中島翔哉の他にボローニャの冨安健洋、マジョルカSADの久保建英、リヴァプールの南野拓実がランクインしている。

オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹や、エスパニョール所属で中国代表のウー・レイがランク外となっていることがやや疑問ではあるが、そんな中日本人選手が最多4名ランキング入りした。

アジア人推定市場価格ベスト10

さて、そんな注目の『90min』発表のアジア人プレーヤーの“推定市場価格”ベスト10一覧は以下のとおり!

1位▷ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)
推定市場価格▷6400万ユーロ(約80億円)

2位▷中島翔哉(ポルト/日本代表)
推定市場価格▷1600万ユーロ(約20億円)

3位▷サルダル・アズムン(ゼニト/イラン代表)
推定市場価格▷1450万ユーロ(約18億1250万円)

4位▷冨安健洋(ボローニャ/日本代表)
推定市場価格▷1350万ユーロ(約16億5000万円)

4位▷久保建英(マジョルカ/U-23日本代表)
推定市場価格▷1350万ユーロ(約16億5000万円)

4位▷イ・ガンイン(バレンシア/韓国代表)
推定市場価格▷1350万ユーロ(約16億5000万円)

7位▷南野拓実(リバプール/日本代表)
推定市場価格▷1000万ユーロ(約12億5000万円)

8位▷ファン・ヒチャン(レッドブル・ザルツブルク/韓国代表)
推定市場価格▷1000万ユーロ(約12億5000万円)

9位▷アーロン・ムーイ(ブライトン/オーストラリア代表)
推定市場価格▷950万ユーロ(約11億8500万円)

10位▷マシュー・ライアン(ブライトン/オーストラリア代表)
推定市場価格▷800万ユーロ(約11億2500万円)

ベッティングトップ10では、ヨーロッパサッカーが再開され次第注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑