W杯制した主力3名に構想外通告のレーブ・ドイツ 波紋はまだ続く…

ミュラーに続き、フンメルスも怒り心頭

フンメルス先日、ドイツ代表指揮官のヨアヒム・レーブが、ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンに所属する3名の選手に構想外通告を言い渡した件だが、今なお波紋を呼んでいる。

今回、ドイツ代表から構想外通告を受けたのは、トーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングの3選手だ。

真っ先にトーマス・ミュラーが怒りの声明を発表したが、それに続いてバイエルン・ミュンヘンでチームメイトのマッツ・フンメルスもヨアヒム・レーブの決定を批判するコメントを発表している。

フメルスは自身のTwitterアカウントでこのようにツイート。

「個人的には不当な決定であると確信している。、こうしたやり方をするなんてとにかく信じられない」

「トーマスとジェローム、そして自分は代表チームに全力を注いできたし、何年もプレーしてきた。だから、こうしたやり方に関しては、これまで自分たちがやってきたことや成し遂げてきたことを踏まえると、とにかく理不尽であるというのが自分の見方だ」

これに加えてバイエルン・ミュンヘン指揮官のニコ・コバチも「今がピークの選手を捨て去る行為は、フェアとは思えない」とコメントする等驚きを隠せないよう様子だ。

EURO2022予選に向けての大胆改革

ディフェンディングチャンピオンとして挑んだロシアワールドカップは失意のグループステージ敗退。

さらにはその後のUEFAネーションズリーグでも4強入りを逃すなど国民から大きなバッシングを受けたドイツ代表。

オランダがドイツと劇的ドロー!逆転でNL4強へ… 

いよいよ始まるヨーロッパ選手権の予選に向けて、トーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングと、ブラジルワールドカップを制した中心選手の3名をまとめて戦力外にしてしまったレーブ。

果たしてこのあまりにもリスキーな決定が吉と出るか凶と出るか…。

そんなドイツ代表は、今月のインターナショナルマッチウィークでセルビア代表と親善試合を行った後、オランダとのヨーロッパ選手権予選に挑む。

BT10では、EURO2022予選の注目ゲームの最新オッズ、予想記事を随時更新します!

ドイツとオランダが再び同居する珍事【EURO予選GL一覧】

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑