武藤、吉田は揃って市場価値大幅ダウン…プレミアトップに輝いたのは?

日本人選手は市場価値大幅ダウン

武藤嘉紀現地時間10日、ドイツメディア『transfermarkt.de』はプレミアリーグでプレーする選手の市場価値データを更新した。

サウサンプトンに所属する吉田麻也は、2018年1月から自身最高値の700万ユーロ(約8億4000万円)をキープしてきたが、今回200万ユーロダウンの(約2億4000万円)減の500万ユーロ(約6億円)に。

サウサンプトンで出場機会が激減したことや、夏で契約満了となることが影響しているのだろう。

もう一人の日本人選手、ニューカッスルの武藤嘉紀もやはり200万ユーロダウンの700万ユーロ(約8億4000万円)となった。

武藤にいたっては、指揮官から名指しで戦力外通告を受けており、ここ2カ月半出場機会を得ていないことがひびいている。

バイエルン・ミュンヘン対ヴェルダー・ブレーメン【予想とオッズ】 

ちなみに、プレミアリーグの市場価値ランキングのトップは2000万ユーロ(約24億円)増で1億6000万ユーロ(約192億円)のマンチェスター・シティ所属イングランド代表FWラヒーム・スターリングとなった。

2位は1億5000万ユーロ(約180億円)でリヴァプールのサディオ・マネとモハメド・サラー、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、トッテナム・ホットスパーのハリー・ケインの4人が並んでいる。

日本人の市場価値ランキングは?

ちなみに、現時点の『transfermarkt』での日本人選手の市場価値トップ10は以下の通り!

1位は依然として2500万ユーロ、約30億円の中島翔哉がキープしている。

  • 1位 中島翔哉(ポルト、2500万ユーロ、約30億円)
  • 2位 久保建英(マジョルカ、1000万ユーロ、約12億円)
  • 2位 堂安律(PSV、1000万ユーロ、約12億円)
  • 4位 冨安健洋(ボローニャ、900万ユーロ、約10億8000万円)
  • 4位 鎌田大地(フランクフルト、900万ユーロ、約10億8000万円)
  • 6位 酒井宏樹(マルセイユ、800万ユーロ、約9億6000万円)
  • 7位 武藤嘉紀(ニューカッスル、700万ユーロ、約8億4000万円)
  • 8位 吉田麻也(サウサンプトン、500万ユーロ、約6億円)
  • 8位 大迫勇也(ブレーメン、500万ユーロ、約6億円)
  • 8位 南野拓実(レッドブル・ザルツブルク、500万ユーロ、約6億円)

ベッティングトップ10では、世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑